FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クソタレな私の歌

残念ながら、世に演奏家は数多く入れど、聞いて価値のある演奏ができる人はほとんどいない。
当然、私が週に一度は鍼を刺さなければいけないくらい練習しようと、人が聞いて価値ある演奏はできないし、自分は無価値である。
その事をよく理解しているので、人様に演奏を聞いてもらおうなど浅ましいことを考えるのをやめていた。

しかし、ギター教室(複数行ってる)のある先生は違った。
彼曰く「人前で演奏しろ」と言うのである。
そもそも自分だけで練習していてもダメだ。人前で演奏してこそ上達すると言うものだ。
そげなこと言われても、である。
クラシックなら発表会とかコンクールとかあるんでしょうけどね。

先生「オープンマイクってのがあってね」
私「知っています」
先生「カラオケの延長だと思って次回までにやってきて」
私「!?」

と言うわけで、昨日やってきた。
自分が観客の皆様にサービスできるものは何もないので、二つ決め事と目標を持った。
・演奏を途中でやめないでリズムをキープし続けること。
・最後まで笑顔を維持すること。
せめてと、持っているうちでできるだけ上等な服だけは着ていった。

で、やってみて、想定以上にはできた。失敗ばかりしたけれど。
他の教室の先生から「これは自慢していいよ」と言われている曲をやった。
観客の皆様は、こんなクソみたいな私に優しかった。文句や苦情を浴びせられても当然の内容であったのに、である。渡る世間に鬼はなし、と言うことだろうか。感謝である。

一方でジャズ系の皆様は大変聞き応えのある演奏だった。
素晴らしい演奏だった。
昨日も若いバンドの演奏を聞いてきたので、色々と考えてしまうね。
自分には価値は全くない、と言う確認だけはしっかりできた。
スポンサーサイト

騙された私が悪いのか 騙したアイツが悪いのか

昨晩、好きなバンドの新しいCDを買いに行きました。
ライブでしか売ってないとのことで、ライブ会場へ。

【1バンドめ】
3ピースのポップロックバンド。
ボーカル&ギターの子がイケメン。
一生懸命な感じで好感。
演奏もうまい。少なくとも自分よりはずっと。
サービス精神もある。

でも、曲にインパクトがない。良くも悪くも普通。

【2バンドめ】
5人メンバー。うち3人はハーフっぽい。
金髪のボーカルの女の子がとてもかわいい。
英語詩だけど、きっと脳内第一言語は日本語。
仲がよさそうな雰囲気と、とにかくお客さんを盛り上げようとステージアクションもがんばっている。各メンバーのキャラも立ってる。

曲は1番目のバンドより個人的には好みだけれど、う~ん、やっぱり普通かなあ。

特筆すべきは、リードギター&コーラスの男の子。レフティ。
中学生でも通用する見た目。
間違いなく、このバンドはこの子のギターがサウンドの核と言っていい。
プレイスタイルはオーソドックスなロックスタイルなのだけど、とにかく上手で安定していて、華やかな見せるプレイ。
ボーカルの子が霞むくらいにインパクトがありました。

【3バンドめ】
男性5人組。
なんか毛色が違うのが出てきたぞ…
これまで華やかな「さあ、みんなで楽しもう!」という感じの、ポップロックバンドだったのだけど、なんといいますか、ロックですね。ちょっと古めの。ヒリヒリさ表現したような。
で、1曲目がビミョー。ベースラインとメロディの関係がギリギリな感じで。
2曲目でベースの音が出なくなり止まる。
ボーカルの人「BGMあげてもらっていいですか、話すことないんで」

だめだろー。それはだめだろー。

3曲目、やっぱりベースの音が出なくなり止まる。
ダメだ、このバンド。
と思ったら、さすがに何か言わなきゃと思ったのか、ボーカルの人がしゃべりだす。

「今日、ガールズバンド多いじゃないですか。
皆さん、彼女たちを見にきたと思うんですよね。なんでイベントに呼ばれたんだろうって思っていたんです。楽屋に入りたくないし、目も合わせたくないし。俺、暗い青春送ってたんで…いや、彼女たちだって暗い青春送っていた人がいるかもしれないっていうのはわかってるんですよ、ただの俺の思い込みで。
でも、ちょっと楽しみにしてたんです。俺たちのこと知らない人たちに聞いてもらえるって。
あと2曲、真摯に鳴らすので聞いてください」

突然湧き出る暗い青春シンパシー。
さっきまでの反感が吹き飛び、「応、がんばれ!」という気分になりました。
ロックって、こういうコミュ障な人が叫ぶもんだったですよね。ええ、そんな気がします。

【4バンドめ】
お目当てのバンド。
初めてライブを聞きます。
天然だろうな~、と思ってたらやっぱり。はじめる前に客に体操させますよ。
そしたらボーカルの女の子が言うのです。

「さっきも3バンドめのみなさんと体操したんですけど」

おい、3番目のボーカル、てめえ、言ってたことと違うじゃねーか。
私のシンパシーを返せ。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

楽器練習に関するフィジカル関連メモ

【1】
練習時間をとれないことから、練習優先でしばらくやってきたのであるが、だらだら練習するのに疑問を感じたのと、健康の面から考えて、練習前に全身ストレッチを30分入れるようにした。
並行して、練習時間を早めに終わらせて睡眠時間を優先するようにした。
練習時間は最大1時間半/日になってしまったが、集中力が増した。
おそらくストレッチによる副交感神経優位の状態で練習するのが良い結果を生んでいると推測。

【2】
上記施策を2週間つづけたところで、左手伸筋・屈筋群が悲鳴を上げた。
仕方なく鍼灸院で徹底的に施術を行った。
・局所に鍼(総指伸筋、尺側手根伸筋、浅指屈筋、深指屈筋)
・全身整体
・電気治療

総指伸筋の腫れ(おそらく筋拘縮状態か?)は解除された。


翌日、これまでになく鍼の跡が残っていることから(悪い状態だと跡が残る)、予想以上に内部で炎症が発生していると推測。
夜に湿布薬を購入して使用。


3日目、朝に自身で灸を実施。
鍼灸院へ行き、総指伸筋、浅指屈筋、深指屈筋のしつこく残るコリに電気治療器のハイボルテージモードで3か所に施術。はじめてこれを使った。
施術中ロックされていた筋が緩んでいくのを感じるも、コリがまだ残っている感じがする。
施術師曰く、「これは練習方法と量、ケアのスパンを見直した方が良い」とのこと。

最新の見解をネットで探して筋拘縮の概念を知る。
一番役に立ったブログ。
https://ameblo.jp/taiankichijitu/entry-12254747750.html

<調べた結果>
・筋疲労の乳酸原因説は現在否定されつつある。
・こり(筋硬結≒筋攣縮≒筋スパズム(?))と筋拘縮は違う。
・「こり」とは筋肉の収縮持続状態全般の俗称。
・こりの原因は、脊髄反射の誤作動によるものと血管収縮による筋肉運用素材の流通不全によるものがある。
・筋拘縮は繊維レベルの損傷による誤作動で筋収縮が持続している状態。
・こりの対策は、ストレッチによる脊髄反射を応用、鍼による脊髄・軸索反射による弛緩・血管拡張・筋膜リリースで対策がとれるが、筋拘縮は別の方法をとらないといけない。

<気づいたこと>
・鍼灸院にある電気治療器のハイボルテージモードは筋拘縮を解くのに向いているのかもしれない。


4日目(今日)、収縮の持続状態はかなり改善したが、硬さが残るような感じもする。
筋拘縮対策をとったのちは確かに効果を感じるので、おそらく筋拘縮状態に戻ろうとする性質があるとみられる。
一方で、尺側手根伸筋は筋肉痛が持続。総指伸筋の一部の「痛痒い感じ」は持続。
脊髄反射の誤作動による収縮はほとんど解除されていると思われることから、この「痛痒い感じ」はこりによるものではなく、炎症によるものだという確度が上がる。
考えてみればしもやけ(皮膚下の炎症)に似ている。
「痛痒い感じ」の部位はいつも総指伸筋の中指を動かす筋肉の親指側の縁のどこか。
別神経系に支配されている人差し指を動かす筋肉(同じ総指伸筋)のとなりなので、負荷がかかるのではないか。なぜくっつけてしまったのか、神に苦情を言いたい。

現段階では、
・反射機能の誤作動による筋収縮→改善
・血流→改善
・組織の損傷→治癒中
・筋拘縮→完全に解除できていない
と推測。

家でのケアを充実させるべく、低周波治療器を注文。役に立つといいけれど。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

けものですもの 大目に見ててね















テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

服を買うの好きですか?

皆さん、服を買うのは好きですか?
私は嫌いです。苦手です。
・・・なんでかは知らない。分析したくない(どうせロクでもない結果しかでない)。

でも、来ている服が擦り切れてしまったりしたらもう仕方ないです。
ほんとは色あせる前に買わなきゃダメだってわかってます。
昔組んでいたバンドのメンバーからは、「服、どうにかならないの?」って言われていました。どうにもなんねーよ。
以前、なんというか興行世界にちょっとかすっていた時は、プロのアーティストとかの服装に感心しましたよね。
普段着で、しかもカジュアルなのに、いつもピカピカだもん。
古着っぽかったりするのに、なぜかピカピカだもん。
なんていうか、普段から世界観出しまくりで。
いやもう陰で苦労してるんだろうな、って、そう思ったわけです。

さて、話がずれましたが、着ている服がダメになって、さすがに買いに行くことへしました。かすかな勇気を振り絞って。

わかります。ユニクロか無印だけじゃいけないってわかります。
なのでデパートへ行きます。
クルマを持っていたらどこかのアウトレットモールとかに行くのでしょうが、あいにくクルマを持っていません。
これまで使っていたデパートは閉店してしまったので、県都までいってみました。
えっ東京?なにそれ?
騙されませんよ。東京なんて物語の中にしか存在しない魔都ですよ。現実にはないんですよ。

さっそく売り子のお兄さんに捕まります。
服を買うことで苦手なことのひとつが、店員さんとのやりとりです。
なんていうか、「年相応の社会人」を演じないといけないということ。
だからといって、背中を押されないと買えないからなぁ。
というわけで、店員さんに騙されるように買ってきました。

疲れた。

でも必要なものをすべて買えていません。
また行かなければいけません。とほほ。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。