マン・マシンシステムとしてモーターサイクルの魅力を考えてみた

二輪車、自転車も含めてスタンドをはずして手を離せば倒れます。
あたりまえのことですね。
では、二輪車に人間が乗っているときを考えてみましょう。
車体が倒れようとするのを、人間がコントロールして倒れないようにしているわけですが、改めて考えてみると、これは地味にすごいことです。
制御のリアルタイム性が高いことはもちろんのこと、非常に微妙な身体制御(体重移動)でそれを制御しているらしいからです。

これは意識していてはとてもできないことで、人間は無意識で二輪車をコントロールしています。
たとえば、自転車でもハンドルを意識して切ることは稀です。
どなたでも無意識の体重移動で方向を変えているはずです。

このことから、システム工学で言うところの「人間=機械系」(マン・マシンシステム)として二輪車を考えるとき、そのインターフェイスは特殊なものなのではないかと思います。
人間が椅子に座り、手足で装置に入力して制御する車とは、基本となるインターフェイスが全く違うのです。

私が知る限り、マン・マシンシステムとしてここまで人間の基本的運動能力と連動しないと機能が完成しないものは少ない部類だと思います。

さらにマニューバの方面から考えると、二輪ゆえに、移動という二次元的な要素だけではなく、コーナーリングにおける倒し込みなど三次元的(2.5次元的?)な運動を要します。

そういう意味ではパラグライダー、ハンググライダーのインターフェイスも二輪車と似たマン・マシンインターフェイスだと思いますが、あれらは基本的に動力がありません。
モーターサイクルは自立のみならず、コーナーリングやブレーキングも動力を活用するのです。

この動力があるということが、同じ二輪車でもモーターサイクルと自転車との違いで、自転車が自分の身体の延長であり、移動の限界と自分の体力の限界が繋がっているいるのに対し、モーターサイクルは動力による移動という自由(→開放感)があるだけでなく、「パートナーシップ感」つまり、モーターサイクルそのものの“キャラクター”が立つ理由になっている気がします。

キャラクター、すなわち“別の(擬人化された)人格”との一体感。
これこそがモーターサイクルの魅力の大きな根本なのではないかと、私は現段階で考えています。



【余談1】
ラジコンのモーターサイクルがあります。ジャイロや錘の移動で曲がるきっかけを作るようです。
上に人間の人形が乗っているものがあり、それは自由に動きます。
走らせると、人形がモーターサイクルをコントロールしているように見えます。
コンピュータ制御しているわけではありません。
このことから考えるに、モーターサイクルが走っているとき、人間がモーターサイクルに「運動させられている」部分も大きいのではないかと思います。
このこともモーターサイクルに人間がキャラクターを感じるの原因のひとつではないかと思います。


【余談2】
現代における飛行機は、コンピューターに大きく介入されることにより制御しているのですが(もちろんそうじゃない古いものや小さいものがありますが)、モーターサイクルの場合、動力制御と制動(ブレーキング)制御以外にコンピューターが入り込む隙がありません。
ブレーキングですらつい最近で、コンピューター制御されていないものが多数。
ちなみに完全自立するモーターサイクルが最近開発されたので、車体制御や運動により深くコンピューターが関わる可能性が高まりましたが、実用化にはまだまだであると思います。


【余談3】
スクーターなどを除き、気筒数、気筒配置、排気量などエンジンの形式がモーターサイクルのキャラクターに大きく影響します。
運動性能の特徴に大きく影響することから、モーターサイクルのエンジンレスポンス等は敏感なものになっていき、現在では車のレース用に匹敵するような仕様のエンジンやタイヤがモーターサイクル市販車に搭載・採用される結果となったそうです。
ちなみに、車の車内で実際とは違う作られたエンジン音を演出するものがあるそうで、そういった人間と機械の一体感を機械的に作るという試みも存在します。


【余談4】
ジェットスキー、マリンジェットと呼ばれる乗り物を「水上バイク」と呼ぶ所以はマン・マシンインターフェイスが似ているからだと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 車・バイク

カフェカフェカブカブキョートキョート

アタマの余力を仕事以外に向けられるようになったせいか、様々な欲望がココロ渦巻く今日この頃。
特に思うのは、「今年の“カフェカブパーティーin京都”へ行きたい!」ということ。
昨年はあの時期に手術をしたから行けなかったんですよね。

青山で開催されるパーティーにはsoloの参加が認められない、というのもあるけれど、それ以上に京都というのが私には大事。
京都の風景の中に愛車といるという、あの無駄に大きな自己満足・・・。
それに、なんていうか、あの手のイベントって関西のほうが楽しいと思う。
なんというか、独特の「ゆるさ」が居心地よいのです。

京都にはM696じゃなくて、soloのほうが似合うと思いますし。
原付ならなんとなく許されちゃうような状況もあるし。

開催日程は直前発表で天気もどうなるかわからないけれど、ちょっと考えてみよう。
カフェカブに出られなくても、単純に旅行でもいいかもしれない。

テーマ : 日記
ジャンル : 車・バイク

子供っぽさ上等

今になって思う。
私、間違えてた。

そう、あの時、パンツ目単気筒のCBR250Rが出た時、思ったんだ。
「安いし、楽なポジションだし、単気筒で維持費も安そうだし、今の時代はこれでいいんだ。そしてこれを出せるのはリーダーカンパニーであるホンダだけなんだ・・・」

でも、私は間違えてた。
やっぱりかっこいいのが正しい!

161214CBR250RR
このガンダムっぽいなにか。

161214CBR250RR
ゲリオン弐号機的な四ツ目。

こ、これは・・・ホンダのひとは、私の中二魂をきゅんきゅんさせるつもりだよ!

161214CBR250RR
エンボス加工のロゴ。

161214CBR250RR
こだわりぬいてます。

161214CBR250RR
ライトの上に「R」の文字らしきものが・・・こんな見えないところまで!?


これが250ccのバイクなのです。
質感は間違いなく上位の400や600RR、いやもしかすると1000RRの上をいってます。
スペックで抜きんでたところで、行きつくところは競争になって自主規制の沼にはまります。
ならばデザインと質感でライバルを抜き去るということなのでしょう。
子供っぽさ上等でいいんじゃないですか。
バイクなんてどうせレースでもやらない限り自己満足なんだし。
だったら中二病を炸裂させていいんじゃないですか。


価格は当然のことながら相当になるでしょうね。もしかしたら70万円?80万円?
でもドゥカティの959パニガーレが最低で約200万円を超えてきますから、それに比べたら若い人でもがんばれば手に入る。手の届かない夢じゃないバイクって必要だと思うのです。
そう、夢!バイクは夢が大事!

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

かっこいいは正義!

出入り業者の若いひとがいいました。

「CBR250RRが欲しいっス!」

ん~、わかるわかる。あれ、かっこいいよね。
でもさ~。

「君、腰痛持ちだったよね?」
「椎間板が2か所潰れてるっス!」
「ん~、お財布もだけど、ポジションがきついから買う前に試乗して少しでも無理あるなら考えた方がいいよ。レンタルもすぐに出るだろうから一日乗ってみるとか」

と言っておいた。

さて、CBR250RR。すんごい造形と質感ですね。
ホンダはデザインに持てる力を振って、他社の追随を許さない気ですね。
ホンダがやっとわかってくれた。かっこいいは正義だって。

ん、待てよ、でもそれって・・・





(笑っちまうような空白が5秒)





・・・かつてのドゥカティじゃない?(涙)。

なんかこの7年で日本のバイクメーカーってデザイン面で進歩しましたよね~。
なんで7年かというと、7年前、696を選んだとき国産の現行で「これだ!」っていうのがなかったんですよ。
おまけにいうなら、排ガス規制のせいで、250ccと400㏄が壊滅してました。
そのすぐ後にNINJYA250が出て「これなら欲しかったのに」って思ったものです。
このCBR250RRまで7年もかかったのか・・・。

というわけで当時発表されたMonster696に「ズゥキュゥゥゥゥゥン!」だった私ですが、日本のバイクとドゥカティと違うのは、間違いなく日本のが乗りやすいってことです。

CBR250RR、スーパースポーツとのことですが、エンジンは低重心っぽいし、パラレル2気筒で軽量かつ適切な重心位置。
下のトルクもそれなりにあるっぽいし、上はタコメーターが16000まで刻んであるそうで・・・いやはやすごいな。

昔のバイクとスペックを比べるとピークパワーで負けてるというご意見もわかりますが、トータルバランスできっとこれの方が、誰が乗っても速いと思うな。
現代のタイヤの性能にあわせたフレームやブレーキになっているだろうし、工作精度が上がり、素材もよくなり、強度のデータも揃って、無駄が徹底的にそぎ落とされているだろうし。

先日の練習会でも、GSR250を見てて、そのスタビリティに舌を巻きました。
初心者の子が乗ってもスイスイいけちゃうんですよね。

乗りやすいも正義ですよ。とんがったピーキーな性能はレースでのここ一発で生きるかもしれないけれど、トータルバランスで秀でていた方が、公道では最終的に正しいでしょうし。

ええ、なぜそんなこと思うかって、私はなんだか意味がよくわかんないバイクに乗ってるから・・・乗り続けているから・・・
でもわけわかんないからこそ、乗り換える気になれないのだけど・・・ギャフン![死語]

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

自分がバイク乗ってる写真は撮れないから

撮ってもらえるとほんと助かります。

161511練習会 Monster696 コーナーリング

161511練習会 Monster696 コーナーリング

161511練習会 Monster696 コーナーリング

161511練習会 Monster696 コーナーリング

161511練習会 Monster696 コーナーリング

想像以上にフォームがまともになってきているし、ブレーキングもうまくやっているようです。
でも、この前の練習会の最後の方で掴んだコツを完全に体得できなかったんですよね。
次の練習会の機会が早くくればいいのに、と思います。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2