カフェカフェカブカブキョートキョート

アタマの余力を仕事以外に向けられるようになったせいか、様々な欲望がココロ渦巻く今日この頃。
特に思うのは、「今年の“カフェカブパーティーin京都”へ行きたい!」ということ。
昨年はあの時期に手術をしたから行けなかったんですよね。

青山で開催されるパーティーにはsoloの参加が認められない、というのもあるけれど、それ以上に京都というのが私には大事。
京都の風景の中に愛車といるという、あの無駄に大きな自己満足・・・。
それに、なんていうか、あの手のイベントって関西のほうが楽しいと思う。
なんというか、独特の「ゆるさ」が居心地よいのです。

京都にはM696じゃなくて、soloのほうが似合うと思いますし。
原付ならなんとなく許されちゃうような状況もあるし。

開催日程は直前発表で天気もどうなるかわからないけれど、ちょっと考えてみよう。
カフェカブに出られなくても、単純に旅行でもいいかもしれない。

テーマ : 日記
ジャンル : 車・バイク

子供っぽさ上等

今になって思う。
私、間違えてた。

そう、あの時、パンツ目単気筒のCBR250Rが出た時、思ったんだ。
「安いし、楽なポジションだし、単気筒で維持費も安そうだし、今の時代はこれでいいんだ。そしてこれを出せるのはリーダーカンパニーであるホンダだけなんだ・・・」

でも、私は間違えてた。
やっぱりかっこいいのが正しい!

161214CBR250RR
このガンダムっぽいなにか。

161214CBR250RR
ゲリオン弐号機的な四ツ目。

こ、これは・・・ホンダのひとは、私の中二魂をきゅんきゅんさせるつもりだよ!

161214CBR250RR
エンボス加工のロゴ。

161214CBR250RR
こだわりぬいてます。

161214CBR250RR
ライトの上に「R」の文字らしきものが・・・こんな見えないところまで!?


これが250ccのバイクなのです。
質感は間違いなく上位の400や600RR、いやもしかすると1000RRの上をいってます。
スペックで抜きんでたところで、行きつくところは競争になって自主規制の沼にはまります。
ならばデザインと質感でライバルを抜き去るということなのでしょう。
子供っぽさ上等でいいんじゃないですか。
バイクなんてどうせレースでもやらない限り自己満足なんだし。
だったら中二病を炸裂させていいんじゃないですか。


価格は当然のことながら相当になるでしょうね。もしかしたら70万円?80万円?
でもドゥカティの959パニガーレが最低で約200万円を超えてきますから、それに比べたら若い人でもがんばれば手に入る。手の届かない夢じゃないバイクって必要だと思うのです。
そう、夢!バイクは夢が大事!

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

かっこいいは正義!

出入り業者の若いひとがいいました。

「CBR250RRが欲しいっス!」

ん~、わかるわかる。あれ、かっこいいよね。
でもさ~。

「君、腰痛持ちだったよね?」
「椎間板が2か所潰れてるっス!」
「ん~、お財布もだけど、ポジションがきついから買う前に試乗して少しでも無理あるなら考えた方がいいよ。レンタルもすぐに出るだろうから一日乗ってみるとか」

と言っておいた。

さて、CBR250RR。すんごい造形と質感ですね。
ホンダはデザインに持てる力を振って、他社の追随を許さない気ですね。
ホンダがやっとわかってくれた。かっこいいは正義だって。

ん、待てよ、でもそれって・・・





(笑っちまうような空白が5秒)





・・・かつてのドゥカティじゃない?(涙)。

なんかこの7年で日本のバイクメーカーってデザイン面で進歩しましたよね~。
なんで7年かというと、7年前、696を選んだとき国産の現行で「これだ!」っていうのがなかったんですよ。
おまけにいうなら、排ガス規制のせいで、250ccと400㏄が壊滅してました。
そのすぐ後にNINJYA250が出て「これなら欲しかったのに」って思ったものです。
このCBR250RRまで7年もかかったのか・・・。

というわけで当時発表されたMonster696に「ズゥキュゥゥゥゥゥン!」だった私ですが、日本のバイクとドゥカティと違うのは、間違いなく日本のが乗りやすいってことです。

CBR250RR、スーパースポーツとのことですが、エンジンは低重心っぽいし、パラレル2気筒で軽量かつ適切な重心位置。
下のトルクもそれなりにあるっぽいし、上はタコメーターが16000まで刻んであるそうで・・・いやはやすごいな。

昔のバイクとスペックを比べるとピークパワーで負けてるというご意見もわかりますが、トータルバランスできっとこれの方が、誰が乗っても速いと思うな。
現代のタイヤの性能にあわせたフレームやブレーキになっているだろうし、工作精度が上がり、素材もよくなり、強度のデータも揃って、無駄が徹底的にそぎ落とされているだろうし。

先日の練習会でも、GSR250を見てて、そのスタビリティに舌を巻きました。
初心者の子が乗ってもスイスイいけちゃうんですよね。

乗りやすいも正義ですよ。とんがったピーキーな性能はレースでのここ一発で生きるかもしれないけれど、トータルバランスで秀でていた方が、公道では最終的に正しいでしょうし。

ええ、なぜそんなこと思うかって、私はなんだか意味がよくわかんないバイクに乗ってるから・・・乗り続けているから・・・
でもわけわかんないからこそ、乗り換える気になれないのだけど・・・ギャフン![死語]

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

自分がバイク乗ってる写真は撮れないから

撮ってもらえるとほんと助かります。

161511練習会 Monster696 コーナーリング

161511練習会 Monster696 コーナーリング

161511練習会 Monster696 コーナーリング

161511練習会 Monster696 コーナーリング

161511練習会 Monster696 コーナーリング

想像以上にフォームがまともになってきているし、ブレーキングもうまくやっているようです。
でも、この前の練習会の最後の方で掴んだコツを完全に体得できなかったんですよね。
次の練習会の機会が早くくればいいのに、と思います。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

アントワネット嬢曰く(HONDA solo編)

こんばんは。歴史研究家(嘘)のなおです。
かつて、某国王妃のナリー・アントワネットはこう言いました。

「モーターサイクルがないなら自転車に乗ればいいじゃない」(嘘)

しかし、この発言は実際にはなかったと、後世の歴史研究家によって解明されています。
なぜなら自転車で移動するのは大変だからです。(本当)


今日は、私がそれを実証してまいりました。

今朝、家事を済ませた私は、バイク仲間の集会に寄ってから約束しているところへ行こうと、soloを走らせました。
しかし、左足に何かあたったかな?と思ったあと、ヘッドランプがガタついていることに気づきました。
停車して確認すると、ヘッドランプを留めているボルトがはずれてなくなっていました。

さらに、です。
以前より気になっていた、軽い金属どうしがあたっているような、チキチキいう音が大きくなっていることに気づきました。

・停車時にエンジンをかけても聞こえない
・5000回転以上は聞こえない

ということから、車体パーツの何かが特定の周波数で共鳴しているのかと思ったのですが、走行中にエンジンを切ってみて、音が消えることを確認。よってエンジンからの音であることがわかりました。

となると、おそらくカムチェーンテンショナーがいかれたのだと想像します。

すぐにゆっくりペースで帰宅し、自転車に乗り換え根性で漕ぎました。漕ぎましたとも。往復約40km。
お腹が空く!腹が減る!ぺこぺこざます!

以上、ナリー・アントワネット実践編でした。



さて、思えば今年、soloはほとんど乗れませんでした。ただひたすらに整備、整備、整備です。
整備途中の天候に恵まれなかったりしたこともあるのですが、とにかく課題が出る一方で・・・。
一度プロに診てもらおうと思います。
カムチェーンテンショナーの修理だけでなく、キャブレターのセッティングもしてもらって、硬くて仕方ないフロントフォークもオイルを入れなおしてもらおう。

あと、週末の度にこれほどの距離を自転車で移動するなら、もっと良い自転車があってもいいなぁ。
・・・あ、置く場所がないや。(もはや自分の部屋が物置と化している)

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2