ゆるゆるパンク~山名沢湖さん「いちご実験室」~

やっと手に入れました!絶版だった山名沢湖さん(最近、「艦これ」をはじめられたらしい)のマンガ、「いちご実験室」。
131004いちご実験室
山名さんの初単行本(初版2003年)とのこと。
タイトルの「いちご実験室」シリーズをはじめとした短編集です。

「Amie」とか「なかよし」に掲載された、一応“The・少女マンガ”なんですけど、単行本タイトルの「いちご実験室」に恋愛要素がないし、少女マンガで割り切れない奇想天外な不思議さが魅力。
藤子・F・不二雄さんのようでもあるんですけど、もっと、なんというか・・・パンクロックの衝動に通じるなにかを感じるのです。
でも、ゆるく、ちょっびっと切なく、どこか詩的。

「それからハカセとタンゴは オルゴールにあわせて 奇妙なダンスをはじめました
(中略)
『おもいどおりにならないもの』が生み出す 夢のような時間を ひとあしごとに まきちらしていくみたいでした」



山名さんは出身地が私と同じで(千葉北西部)、年代もきっと同じ。短編作品のタイトルが曲の引用らしく、それから察して聞いてきた音楽も似ていると思います。
いつぞやは、女性マンガ家によるクラブイベントでDJやってたなぁ。

正直、山名さんの良さって、わかりづらいっていうか、通じ合う人にしかわからないっていうか・・・なので誰にでもお勧めできないんですよね。
人気ないのかなぁ?この本、なんと44円でしたよ。送料はその約8倍(涙)。
でも、私は大好きだったりします。







テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2