絶望しながら生きていく(伊藤素晴さん「今日もかるく絶望しています。」)

書店で、ふと目にしたこのマンガのタイトルが気になって、思わず購入してしまいました。
伊藤素晴さん「今日もかるく絶望しています。」
140123「今日もかるく絶望しています」

読んでみて、びっくり。
この主人公は、20年前までの私じゃない?

主人公の、“ひーちゃん”は田舎から都会に出てきた短大生。
とにかくネガティブで自信がない。
人と自分を比べて落ち込み、人に迷惑をかけたくない気持ちだけで心の中はいっぱいいっぱい。
新学期のクラス替えは大嫌い。
イベントなどの非日常が苦手。
最悪を考えて冒険できない。
昔の失敗を思い出して挙動不審な行動をとる。
とにかく考えすぎ。で突飛な結果に陥る。
心のキャパシティをオーバーすると思考停止したり涙が止まらなくなる。

でも、不幸かというとそんなことはなく、毎日の小さなことで十分幸せ。
ただ、幸せポイントが独特で、共感してくれる人はいない。

ほんと、昔の自分と思考回路がそっくりで驚きです。
私も、ひーちゃんとおなじように学校へ行けなかったり、行ったとしても誰とも口をきけない生活を長く送りました。
精神病というほどに実生活に支障があるわけではない私達は、医学分野からも認められることがなかったわけですが、でも、実はそういう人は少なくなくて、そして、それが一般的な認識になりつつあるのかもしれない、としみじみ思いました。

私たちは、見方を変えれば、怠け者で、気弱で、悪い方ばかり考えて、やる気まんまんで積極的に生きている人たちから否定されがちです。
しかも、私が若い頃は、精神面のサポートが当たり前の今の時代と違い、メンタルヘルスという言葉がないばかりか、精神病院にかかるということは、人生の終わりを意味すると言っても過言ではありませんでした。
だから、私は誰にも助けてもらえることもなく、誰からも理解されることもありませんでした。
責められるばかりで、とても寂しい日々を送りました。

でも、ひーちゃんは、最後にこう言います。

「今までも これからも 何十年先も きっと私は 人よりうんと小さなことで躓き 人の何倍も うだうだ悩みながら生きていく
(中略)
人と違うから 枠にはまれないからといって それはちっともしぬようなことでもないし 泣くようなことでもない」

この本の内容は、伊藤素晴さん自身の経験に基づくらしいです。良い仕事をしてくれたなぁ、と思います。
昔の自分のように、人と違う事に悩んでいるたくさんの人たちに、この本を読んでもらって、孤独感を紛らわせられたら、そして、こういう人もいるということをたくさんの人に知ってもらえたら、世の中が少し良くなるかもしれない、と思った次第です。








テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この記事を読んでください

メディアファクトリーから発売の4コマ漫画完全なる盗作である事が発覚

http://blog.livedoor.jp/going_o2/archives/13089042.html

Re: No title

興味深いですね。盗作だとしたら残念ですね。

No title

ことはとこ先生の本を読むべきです!

Re: No title

> ことはとこ先生の本を読むべきです!
どういう意味でオススメしてくださっているのかわかりませんが、正直なところ「元祖」をわざわざ買う必要はないと思っています。
初めて出逢ったのが、こちらだったので十分かなって。
昔、蛭子能収さんがQUEENのコピーバンドを見て、「私はQUEENというバンドを知らないのだけれど、今日からあなたたちをQUEENと思うことにする」って言ってて、なるほどなぁ、と思いました。
くるりの「ばらの花」を聞いて、ポリスの「Every Breath You Take」に似ているな、と思って最初は受け付けなかったけれど、それを忘れたら大好きになったみたいなもので、盗作でも最初に出会っちゃったんだから仕方ないし、わざわざ深堀するほどのものでもない、と思っています。

伊藤さんはもう出版界には戻れません。同人界にも。
よほど芸風と絵柄を変えない限り見透かされますからね。
それで罰としては十分じゃないかと思っています。
プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2