雨の日曜日はタルト・オ・ポワール

昨日に引き続き雨なので、お菓子を焼いています。
今日は、時季じゃないのは百も承知で、タルト・オ・ポワール。洋梨のタルトです。
これまでもたくさん作ってまいりましたが、本日のテーマはこれ!

 ・丁寧にきれいに作る(できればお店のやつみたいに)
 ・タルト生地をフードプロセッサではなく手で作る
 ・これまでのタルト型ではなく、タルトリングを使ってみる

レッツチャレンジです。
140302タルトオポワール
というわけで、できました。自家消費なので飾りはなし。ナパージュは塗ったけれど。

手でタルト生地(パータフォンセ)を作りました。サブラージュでね。
たまには手で作らないと。
これは問題なし。

しかし、あれ?いつもと変わりない見た目だぞ・・・。
考えてみたらさ、いつも使う安物の洋梨の缶詰、洋梨の大きさがバラバラなんだよね。
そこから揃えていかないとだめだ。
でも、富澤商店の業務用は量が多すぎるし、適当な缶詰を探さないとなぁ。

あとタルトリングは直径が型とおなじでも高さが低いので、クレームダマンドが溢れちゃった。
作る際の気遣いが足りてない。

それとタルトリングって思った以上に火が通りやすいみたいで、ほんのちょっと焼きすぎた感じがする。
でもタルトがこれまで以上にしっかり焼けたのはよかった。その方が美味しいみたい。

140302タルトオポワール
でも、なんだかんだいっても、うまいよ、うん。
パータフォンセは甘味が少ないタルト生地なのですが、それにちょっぴり塩気を効かすのが好きです。
アパレイユ(クリーム)やガルニチュール(具、ここでは洋梨)と調和して生地そのものを味わうタルト。派手さはないけれど、私の好きなお菓子のひとつです。







テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2