ちゃんとご飯を食べよう

ひぐちアサさん作「大きく振りかぶって」というマンガが好きです。
高校球児、しかも新設硬式野球部の1年生だけのチームが、不利な条件を覆すためのあらゆる努力をして成長しつつ、一歩ずつ甲子園を目指すマンガなのですが、これまでの野球マンガとは、人間ドラマという点で一線を画します。
とにかく心理描写が細かいのです。主人公たちだけでなく、相手チームのメンバー全員、そして取り巻くマネージャーや家族までも、それを描いています。
野球というものが、素質、そして身体能力、厳しい訓練はもちろんのこと、情報戦と心理戦のゲームであることを教えてくれます。

その話の面白さは別の機会に語るとして(書き出したら止まらなそうですが)、私は、主人公たちのチームが取り入れる科学的なトレーニング、とくにメンタルトレーニングに注目しています。
監督と顧問が取り入れているメンタルトレーニングは、主にモチベーションの維持向上とパフォーマンスの障害(おもにプレッシャー)を取り去ることです。

その中で、毎日簡単にできて、維持できるものがありました。
なんとそれは、簡単に言うと、ちゃんと食事をする、ということです。

お腹をいっぱい空かせる。
心を食事に集中して美味しくいただく。
空腹感を満たし、満足感をいっぱいに味わう。
これを毎日繰り返すことにより、期待(チャレンジ)、集中力、達成感、この3つをトレーニングできるとのこと。
難しく書くと、この3つを支配する脳内ホルモンの分泌をトレーニングするのです。

あまりにも、単純で笑っちゃうけれど、なんとなく理解できます。
そして、たしかに、私はそれで救われている気がします。

実は、私は、達成感があまりない人間です。
もともと、報酬系と言われるホルモン分泌が少ないのだろうと考えています。
若い頃は、なぜ人と同じようにチャレンジングになれないのだろう、と自分を責めていましたが、それは無意味だと気づきました。
それでも、毎日、ちゃんとご飯を食べることで、なんとか生きている気がします。
寝ることと食べることをおろそかにすると、あっという間にダメになりそうです。
ただ、元々報酬系ホルモンの分泌が過多な人からすると、寝て喰っているだけの怠け者に見えるのだろうとは思います。







テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2