第4回 Sakura Auto History Forum(その6 イタリア編)

DIC川村記念美術館で5月10日に開催された、「第4回 Sakura Auto History Forum」の見学レポートをご紹介しております。
本日は、イタリア編です。

【アルフォロメオ 6C or 8C? 2300】
140510_Sakura Auto History Forum
とてもカッコいい一台。
パンフレットにも乗っておらず、1934年製、2300ccとしか紹介がなかったクラシックカー。
恐らく6Cか8Cという車種だと思います。この頃のモデルは手作りらしく、1台1台の形が違うのでよくわかりませんでした。
1934年・・・第二次世界大戦前ですね。
ナンバーがついているということは動くのでしょうね。すごいです。

140510_Sakura Auto History Forum
装飾性のかけらもない機能性のみを追求したコクピット。
外見の造形が凝っているだけに意外ですが、そこがイギリスと違うところなのかもしれません。

140510_Sakura Auto History Forum
曲線美に溢れたフォルムが素晴らしいと思います。

140510_Sakura Auto History Forum
1930年代のイタリアの飛行機や車の造形には目を見張るものがあります。

【アルファロメオ 1750スパイダーベローチェ】
140510_Sakura Auto History Forum
1968年式。
下記で紹介するジュリア(ジュニア)系のシャーシを流用したオープンカーです。
コンパクトで洒落れてて素敵ですね。
この初代スパイダーのテールがこれまた美しいのですが、撮り忘れました。

【アルファロメオ GT1300ジュニア】
140510_Sakura Auto History Forum
1968年式。
小型ボディに高性能エンジンを積んで人気を博した「ジュリア」。その若者向けとして開発されたのがこの「ジュニア」です。
スポーツカーでない見た目を裏切る操作して楽しいクルマというのが魅力なのか、とても人気があります。

140510_Sakura Auto History Forum
アルファロメオは高級車メーカーでしたので、内装もそこはかとなく上品です。

140510_Sakura Auto History Forum
こちらは同じGT1300ジュニアなのですが、1974年式です。
ジュリアシリーズは長く作られ、バリエーションも多数あります。

【フィアット 500】
140510_Sakura Auto History Forum
1969年式。
復刻版も大人気ですが、これは初代。
こんなにコンパクトなクルマでした。
イタリアは道路事情が日本と似ているのか、小さい車が魅力的ですよね。

140510_Sakura Auto History Forum
リアにエンジンがあるRRレイアウトです。

140510_Sakura Auto History Forum
サソリのマークはアバルトを指します。
アバルトとは、かつてイタリアに存在した改造ブランドですが、フィアットの一ブランドになりました。
そこの手によるスポーツバージョンであるということです。

140510_Sakura Auto History Forum
こちらは1970年式。
ジャンニーニというアバルトに並ぶ改造ブランドによるもの。

140510_Sakura Auto History Forum
650ccなのだそうですが、ボアアップしたものでしょうか。
パワーアップのための補機類で、リアハッチは常にオープンです。

【アルファロメオ 1300GTジュニアザカート】
140510_Sakura Auto History Forum
1970年式。
ボディ専門メーカー(カロッツェリア)、ザカートによる、流麗なボディのクーペモデル。

140510_Sakura Auto History Forum
小型のスペシャリティクーペというのは珍しかったかもしれません。
ウェッジシェイプという時代の先端をいくデザインをいち早く取り入れたのはさすがザカートです。

140510_Sakura Auto History Forum
2座席です。
ファストバックというすぱっと切り落とされたしっぽスタイルに潔さを感じます。

【ノーブル フェラーリ330-P4レプリカ】
140510_Sakura Auto History Forum
2007年式。
フェラーリのPシリーズは、かつてのレース用プロトタイプを意味します。
そして1966年製造のレース用マシンが330P4なのですが、これはそれの英国製レプリカのようです。

140510_Sakura Auto History Forum
レプリカと言えどこの迫力。

140510_Sakura Auto History Forum
どこから見ても絵になります。

140510_Sakura Auto History Forum
エンジンはどこのものを使っているのでしょうか?マフラーはスーパートラップでした。

140510_Sakura Auto History Forum
レース用車両のレプリカということで、作りが違いますね。


以上、イタリアのクルマのご紹介でした。
少ない台数、年式も偏っておりましたが、お国柄は十分に楽しめました。







テーマ : イベント
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2