今日もどこかでコミネマン♪

やあ、元気かい?今日はライディングウェアやプロテクターの手入れをしたんだけど、僕が、日本のKOMINEというメーカーのウェアを愛用しているのは知ってるよね。え、覚えてない?いやだなぁ、覚えておいて欲しいんだ、KOMINEは最高のライディングウェアメーカーだってことを、君にもよく知っておいてほしいんだな。

140604コミネ
僕が使っている、3シーズン用のジャケットは、「アヴェルサ」っていうんだけどさ、こいつが最高なんだ。
KOMINEはハードタイプのプロテクターが特徴なんだけど、こいつには肩、腕の甲、背面、胸部にそれが仕込まれているのさ。
よくあるウレタンなどのプロテクターは役に立たないよ。
それどころか、摩擦の力が大きいので逆にけがを大きくすることもある。つまりプロテクターはハードタイプに限るってこと。

そうそう、デザインも日本的でイカしているよね。
日本に丹頂鶴っていう美しい鳥 ―いかにも日本を象徴するようなカラーリングの― がいるんだけど、このジャケットはそれに似ているカラーリングかな。
KOMINEがいかに日本的であるかとうことを意識しているかが表れているところだよね。
なんていうか、他の国のウェアにはないラインだし、そこがクールだって思うんだ。

140604コミネ
プロテクター以外にも安全対策はバッチリさ。
例えば、これ。転倒時に首を守るネックアーマーが標準でついているなんて、他のメーカーにはちょっとないよね。

140604コミネ
あと、夜間の安全性を高めるために、LEDライトが背面についているんだ。点灯だけでなく点滅も選べるし、最高に日本っぽいハイテク装備だって思わないかい?
しかし、この位置はいただけないね。バイクの形状や装備によっては後ろから見えないからね。
だから、最近の商品はもっと上に付いているものもあるよ。

140604コミネ
これらの安全装備のおかげで、僕は随分救われているんだ。
これは去年転倒したときの傷。
チタン製のアーマーがちょっと傷ついているね。もしこれがTシャツだけだったらと思うとぞっとするよ。
こんなになっても機能的にはまだまだいける。
この頑丈さもKOMINEのよいところさ。

最新版は、僕のやつより改良されてて、分割式だった胸アーマーが一体式のものになっていたり、インナーウェアがついてくるんだ。
これでお値段は日本円で29,000(税抜)。
たとえば、イタリアにダイネーゼというメーカーがあると思うのだけれど、そこと内容と値段を比較してみてくれ。
KOMINEのコストパフォーマンスは、まさに日本の神秘と言っていいと思うね。
ああ、もちろん何を選ぶのかは君の自由さ。
ただ、事故った日にベッドで寝ていたいか、それともその夜に彼女とデートしたいか、それを選ぶのも自由ってことだな。

KOMINEコミネ/JK-015 スプリームチタニウムメッシュジャケット アヴェルサ
KOMINEコミネ/JK-015 スプリームチタニウムメッシュジャケット アヴェルサ



そうそう、KOMINEは各種のプロテクターにも力を入れていてさ、これなんか、もう5年もつかってるんだけど、まだまだ使えるんだぜ。
140604コミネ
SK-491 エクストリームニーシンプロテクター


KOMINEコミネ/SK-491 エクストリームニーシンプロテクター

KOMINEコミネ/SK-491 エクストリームニーシンプロテクター


140604コミネ
見てくれ、この傷。こいつにも随分世話になったよ。
ふふ、さすがにそろそろ交換時期かな。

聞いた話によると、日本じゃKOMINEを愛用するライダーを、尊敬の意味で「KOMINEMAN」っていうらしいよ。
さしずめ僕もKOMINEMANってことだな。
ハハハ、ちょっと熱くなりすぎたかな。まあ、この続きは次の日曜日にいつものピークの上で。じゃ、良い夜を!







テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2