段取り☆カタルシス

先日(TEXMEXを食べにいったとき)、若い人相手に、酔っ払って、サンダーバード2号の発進シーンについて、熱く語ったワタクシであります。

あえて云おう!発進シーケンスは男のロマンであると!

これは日本の特撮やアニメに大きな影響を与えました。
「ウルトラセブン」のウルトラホーク1号の発進シーンは、円谷英二さんがイギリスで「サンダーバード」を観てとりいれたとか聞いたことがあります。

BGMはなんと2段階。2曲目はやはり2拍子!
発進シーケンスには2拍子(マーチ)が合うなぁ。

ところで、「このシーン、どっかで観たことがあるな」という方。
そうです。エヴェンゲリオンにこのオマージュシーンがあります。

あとは、発進シーケンスじゃないけれど「宇宙戦艦ヤマト」の波動砲発射シーンとかさ。

「波動エンジン始動!島、オーバーブーストを使え!焼きついても構わん!ふかせ!早く!」
いやあ、シーケンス中(後)のトラブル発生イベントとか、萌えますなぁ。
BGMのワウギターが職人技ですなぁ。
最新版のヤマトはこのあたりがいまいちあっさりしているのよね。
ショボい演出でも昔の方がいいかなぁ。

こういうのって、段取りのカタルシスですよね。
様式美ともいう。
このあたりの演出の究極は庵野秀明監督作品ですよね。エヴァンゲリオンはその集大成だと言ってよいと思います。
とくに、インターフェイスデザインの使い方がダントツにうまいです。


あと、彼が所属したGAINAX作品「オネアミスの翼」のクライマックスも忘れられません。
恐ろしいことに、氷が落ちるシーンは手描きです。
ちなみに実際のロケット発射は、まさにこれの現実版ですね。


・・・お腹いっぱいになって気づきました。
平日の夜から何をやっているのだ、私は!?
寝よ。






テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

いいですね~

発進シーケンス萌えます。最近では「キャプテンアース」の射出シーケンスがお気に入りです。最新の機動兵器の電磁カタパルトを牽引するのは旧型ヂーゼル機関車DD51というのも泣かせます。

http://nicotter.net/watch/sm23630533

Re: いいですね~

キャプテンアースはいまどき珍しいくらいのスーパーロボット系ですね。私も途中まで観てたのですが、ちっちゃいのはまだ許せるとして、でっかい方のロケットで射出して合体するのが、大げさ過ぎてねぇ…ちょっと気に入ってなかったりします。
やっぱり、ひとつひとつのことに意味を感じないと萌えないタイプです。
作風からして、おそらくエウレカセブンAOのスタッフの作品なんだろうな、と思うのだけれど、伝えたいことはよいのだけど、無理を通しすぎるのと、美学がひっかかるんですよね。
ビジュアル系バンドみたいな敵キャラとか。
勢いで理屈を吹っ飛ばすまでに至ってないのが残念です。
プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2