曖昧な雨のビートの合図

この前のディズニーランドの件もそのひとつなのだが、職場の人たちとのコミュニケーションに苦しんでいる。
なにか問題があるというわけではないのだが、なんだろうか?この疎外感は。
日雇い仕事なのだから、流せばよいだけの話だ。深く考えないことにしたのだが、どうもやはり心は晴れない。
なので、今日はバイクに乗らないことにした。
こんなメンタルコンディションでバイクに乗るとろくなことがない。

「アオヤマ君はスズキ君のことも怒らないんだね」
「怒りそうになったら、おっぱいのことを考えるといいよ。そうすると心がたいへん平和になるんだ」

「ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦さん

そうなのか。初めて知った。今度試してみよう。ありがとう科学の子。

バイクに乗らないと決めたので、今日は部屋を片付けて、街へお菓子の材料を買いに出かけた。
そして、夜はカトルカール(パウンドケーキ)を作った。
カトルカールは地味なお菓子であるけれど、考えてみれば本気のものを食する機会はあまりない。
コンビニの工場制はフラワーバッター法であろうし、添加物もどっさりだ。
ケーキ屋さんでは脇役で置いてあるのは贈答用だし、パン屋さんでもバターではなくマーガリンを使っていたりする。
実は、私が本気で作るようなのって、自分で作る人以外、なかなか食べる機会はないのかもしれない。
そう思うと、多少は誇らしい気持ちにもなってきた。

森見登美彦さんつながりで、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「迷子犬と雨のビート」を聞いていた。

「有頂天家族」も「四畳半神話体系」もアニメ版がたいへん面白かった。また見ようと思う。







テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2