終わらない物語

なかなか仕事がない。日雇い仕事では儲からないので、とにかく定職に就きたいのだが求人が少ない。ない。ない。困った。

日雇い仕事はアタマをあまりつかわないので、脳のリソースが余りまくり、いま、ただひたすらに物語を消費している。
アニメ、ドラマ、マンガ、小説、音楽、その他・・・手に入る物手当たり次第に、見たかったけれど、見てなかったものとか。
なにせ、図書館もあれば、TSUTAYAも映像作品が100円でレンタルできて、コミックにいたっては半額の日なら一週間40円でレンタルできるし、古本なんていう手段もあるし・・・新品も買うけどね。

というわけで、今夜は現在放映中のアニメ「Gのレコンギスタ」の3話と4話を観た。
面白かった。一応ガンダムということで、なんだか極端に拒絶する人がいるけど、いまのことろそんなに悪い作品かな?と思う。
登場人物や異世界の価値観がぶっとんでて、受け手にとって理解不能な行動に走るのが、この監督さんはいつもながらすごい。
あと、畑の作物がジェット噴流でたなびくとか、雨雲の下だけ雨が降ってるとことか、そういう細かい背景がきれい。
これがだめだというなら、もっと凶弾されるべき作品があると思うけれど。
そういう人は永遠に「ガンダムUC」を見ておればよろしい。

あとは借りてきたアニメ「輪るピングドラム」の18話を観て泣いた。
まったく先の読めない話だし、“お口ポカーン状態”にならざるを得ない演出もあるけど、名作の評判に違わない作品である。
これからどうなっちゃんだろう。あしたは続きを借りてこなくちゃ。

山名沢湖(やまなさわこ)さんのマンガ「少年☆少女☆レアカード」を読む。
仕事にがんばるお母さんのため、家事や幼い妹の世話を手伝う女子中学生が、女児向けの筐体ダンスゲームにはまってしまう。そして同じくしてそのゲームにはまっていたのは学校中の女子の憧れの男の子・・・そう、学校の王子さまはアレな王子さまでもあったりしたのだった。というお話。
山名沢湖さんの作品は好きなんだけど、実は短編が好き。
長編はいまいちだと思っていたのだけれど、この作品は期待できそう。
くだらないことで輝いてくる日常や、痛いやつだけどひたむきな男子も好感が持てる。
さて、これからラブの方の展開はあるのですかな?

それと七尾与史(ななおよし)さんの小説、「バリ3探偵 圏内ちゃん」を読む。
もうこれは笑っちゃうしかないタイトルに負けて買ってしまった。
あまりのコミュ障ぶりに、社会的にほぼ終了な感じのヒロイン(しかしちゃっかり結婚してたり、FX投資で小金持ちである)が殺人事件を解決するであろう話。
さっき新品で買ったのだけど、もう半分読んでしまった。
もっとゆっくり読まないと、お金がもったいない。
でも、ゆっくり読むなんてできないんだな。
さあて、お風呂に持っていて続きを読むか。


私には物語が不可欠だ。子供の頃から。
息をするように物語を消費している。
知らない人生がそこにはあり、自分にはできない体験を主人公がしてくれる。
しかし、私自身の人生は、いかんともしがたく・・・どうしたものやら。
なんとかするしかないな。






テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2