GET WILD!シンセブースの様式美

最近のTM NETWORKのプロモーション映像。

TM NETWORK「Get Wild」


うひょー、小さい頃に聞いた曲だけど、最新のアレンジもかっこよいです!
なにより小室哲也さんの、良い意味で「スマート過ぎない」機材の配置は昭和の様式美を感じてツボであります!
テクノテクノで「GET WILD」なんてタイトルも素敵。

こんなコクピットみたいな音楽機材の配置が好きなんですよ。
サカナクションの岡崎英美さんにも同じものを感じますが、彼女はライブに対するストイックな姿勢を感じます。
その点で、小室氏はライティングも含めて様式美を考えていると思うな。

話は飛びますが、そのあたりの様式美をロボットに持ち込んだのは永野護氏です。
141207ヴァイ・オ・ラ
「脈動正常値!エーテリアライザー エンベロープに干渉せず、良好! パンニングバランス調整終了! プリジェネレーター出力 VCUフィルターを期待値以上で通過!」
アナログシンセみたい。
モーターヘッドのファティマルームはまさにミキシングブースやシンセブースのかほり・・・

このロボット「ヴァイ・オ・ラ」という名前なんですけど、それもかっこいいですよね。
バイオレットとかビオラにかけてるのでしょうか。
そういった優雅な雰囲気を持たせるのも永野さん上手いですよね。






テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2