刺しつ刺されつの街

今日は今の職場の最終日。
なので、昼に昨日行った、CUPへ再び行く。
予想以上に混雑。
お目当てのサンドイッチ(BLT)をオーダーしたけれど、なかなか来ない。
昼休みの時間ギリギリになる。
急いでサンドイッチをコーヒーで流し込み、出ようとするとレジが渋滞。SHIT!

すると、ウェイトレスの女の子がそっとやってきて、お金を受け取ってくれた。
私が困っているのを察して、会計を先にしてくれたのだ。
昨日もいた子だ。若くてかわいいのだけれど、なんとな~く線が細くて頼りない雰囲気だったのだので印象的だった。
でもごめん。ほんとうにごめん。君はできる子だった。

走って帰る。
サンドイッチ、美味しかった。ボリューム満点。胃もたれの満足感。



夜は前から気になっていた別の駅のお店へ。
下町のもつ焼き一杯飲み屋の風情。
カウンター形式。主人とおかみさんがケンカしながらやっている感じ。

まあ、その雰囲気自体は間違いはない。
「オマエ何年この商売やってんだ!バカヤロー!」「お父さん、今日おかしいんじゃないの?」みたいなやり取りが繰り広げられている。
しかし、そんなことより、私は客を見て戦慄した。
ヤバい。この店ヤバい。

この手の店って、最近では女の子もふつーにいたりする親しみ易さがあるじゃないですか。
そういうの皆無。まったくなし。
ケータイ不可。通話どころかメールもダメ。おそらく持っているだけで怒られる。
でも、店の主人は使ってる。オイ。
本気の酒飲みしかいない。コミュ障っぽいおじさんも酒だけはすごい、みたいなお客しかいない。
逃げるか?いや挑むのだ。

ビール、高い。
ハイボールを頼む。デフォで焼酎。
口をつけただけでヤバいと思う。レシオもそうだけど、味がヤバい。
間違いなく悪酔いする味。

串焼きは4本単位でオーダー。
ここでは、一度に大量に頼むのが粋。
しかし、私はダサい一見なので一皿でいかせていください。
レバーとシロ。タレで。

すみません。予想外にうまいです。ほんとに美味いです。
でもタレが甘すぎです。

2杯目に続いて、ハツとガツをニンニクで。
フードプロセッサーで刻んだたっぷりのニンニクと醤油。直球。
今度はしょっぱ過ぎだよ!でもうまいよ!

3杯目。タンがないので、もう一度レバーとシロを塩で。
これをさっきのニンニク醤油にちょっとつけるといい感じ。

たった3杯にして、べろべろになってしまいました。

良い時間になり、お客さんが次々とやってきます。
平均年齢は50~60ですかね。
常連さんと思しき紳士がやってきて、カレンダーの束をご主人に渡すと、ご主人が常連さんに手渡しはじめました。
某大手エンタメ企業のカレンダーでした。紳士はここの重役さんだそうです。

さっきのコミュ障っぽいおじさんは、お任せの串焼きを大量に持って、タクシーを呼びつけて帰って行った。
常連さん達は場所的に中山競馬場の裏ルート的な何かの話をしている。
オジサン天国とかの騒ぎじゃないです。濃すぎます。
私はこれ以上はやばいと、お勘定をしてもらうのですが、私もおかみさんも覚束ないありさま。
ちなみに、2500円も払いませんでした。

この辺りは、下町ですがでっかいお屋敷もたくさんあります。
その気になれば世田谷や鎌倉より丸の内や日本橋が近いですし。
貧乏人も大金持ちも一緒のカオス。明らかに川向こうの都内と違います。
日本でこんなところ他になさそうな気がします。
最後の最後で、この街の奥深さを知りました。

水曜日のカンパネラ「マリー・アントワネット」

そうだな~。この街は水曜日のカンパネラみたいなトンガリ方をしている気がします。









テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2