おっとD-3の悪口はそこまでだ(電子戦はつまらないのか?の巻)

ガンダムの設定で画期的だったのは、電子戦の概念が持ち込まれたことです。
電波を吸収してしまう「ミノフスキー粒子」により、レーダーが使えなくなる、つまりECMですね、それに対抗できるECCMが確立されずロボット同士の接近戦という戦術が一般的になった、という程度のことですが、これはけっこうすごいことだと思います。
元ネタのロバート・A・ハインラインの「宇宙の戦士」にもなかったと思いますから。

とはいうものの、電子戦という考えでは、そこからあまり進歩していません。
最新作「Gのレコンギスタ」でやっと、フォトンアイなる画像式シーカーらしきものを搭載したミサイルが登場しました。
電波誘導やレーダー探知ができない以上、これまでのガンダム世界のミサイルでも画像式シーカーが一般的だったと思いますが、初めてちゃんと登場したと思います。
この世界で一般的なエネルギー源であるフォトンバッテリーを探知する、赤外線画像シーカーに似たものだと思われます。
141225電子戦
しかし、マックナイフは変なところ(股間)にミサイルランチャーを搭載しているなぁ。
ギルガザムネのチ〇コミサイルかよ。
このままだと、ただのネタ提供者で終わるなあ、マスク先輩は。

それでも、ガンダム世界ではミサイルがあんまり活躍しません。
マクロスでは、“板野サーカス”と呼ばれる、あるアニメーターさんのアクション作画でミサイルを生かした演出がされておりましたが。

ちなみに我々の世界における戦闘機同士の闘いでは、いかに先に敵を見つける(早期警戒、強力なレーダー、データリンクなど)、見つからないようにする(ステルス)、そして、一方的にミサイルで叩く、というのが基本戦術なのですが、まあ、それは・・・

それじゃ劇として面白くないよね。

ということだと思います。


さてさて、そんな現実を背景に、新谷かおるさんの戦闘機バトルが描かれたマンガ「エリア88」では、それに挑んだエピソードがあります。
主人公、風間真が、武器商人のマッコイ爺さんから、得体のしれないレーダーブースターを購入する、というものです。
超強力なレーダーで敵を一方的に叩く、ということをやりますが、それじゃ面白くないので・・・

141225電子戦

使えるのが1分という制限を持たせました。
141225電子戦
ハラハラドキドキです。
でも、やっぱりこれは1話だけの特別なエピソードになりました。
なぜって、このレーダーブースター自体が、マッコイ爺さんの罠だったんですよ・・・
顛末はぜひマンガをお読みください。

新谷さんは、現代戦術について「そこに男のロマンはないだろ」ということを、このエピソードで言いたかったのだと勝手に解釈しています。


しかし、電子戦機が準主役として活躍するロボットアニメもあったのですよ。
「機甲戦記ドラグナー」のドラクナー3(D3)です。
141225電子戦
なんと頭がレドームのロボットです。
いやあ、かっこいい。
ドラグナーシリーズは、バイファムと並んで大河原邦夫氏の最高傑作だと思いますね。
作品としてはダメダメでしたが。

でもね、このD3、電子戦機としての活躍はほとんど描かれなかった・・・・
せいぜい空母に襲い掛かるミサイル群の目をごまかして蹴散らしたくらいしか記憶にありません。
しかも、絵として迫力に欠けるといか、メカメカっぽい演出画像をワンカット入れるだけでもかっこいいシーンになると思うのですが・・・
141225電子戦
やりようはあったと思うんですよね~。
早期警戒機や電子戦機としての能力を発揮して、データリンクでD2の長距離精密砲撃を支援するとか、D1の後ろの目となってピンチを救うとか、相手の目をつぶすとか。でも、そういった演出はほとんどなかったですね。


で、なにが言いたいかというとですね、「電子戦で男のロマンを描けないものですかね?」ということなんですけど、どうでしょ?D3みたいなのが主役とか準主役とか、そういう作品、ありませんかね?
情報、お待ちしております。







テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2