女の子 男の子

実は、最近メンタル的に「キビシィーッ」(財津一郎さんっぽく)という感じなのです。
落ちてる暇なんてないから前へ進むだけなんですけどね。
なので、夜は現実逃避ばかりしています。

 【1】
今日は、ついマンガを買ってしまいました。
中村明日美子さんの「鉄道少女漫画3『君曜日2』」です。
だって、本屋さんで見つけちゃったんだもの。

もうタイトルが3なんだか2なんだかわからなくなっていますね。
正直「まだアコちゃんの話やるんだ!?」とびっくりしました。
あとがきで中村明日美子さん曰く

「いろいろ色恋の漫画も描いてきましたが
学んできたことがひとつ。
恋をあきらめるのに一冊
次の恋に気づくのに一冊
その更に先へ行くのにもう一冊かかるということ。」


だそうでございます。

なにせね、主人公が中学生なもんで、もう恋の進行が遅いのでゴザイマスよ。
ドギー&マギーなんでゴザイマスよ。
主人公のアコちゃんの淡い初恋が終わり、塾が一緒の小平君の存在感がビミョーに拡大中。
アコちゃんLOVEな小平君のお誘いに、素直になれないアコちゃんでしたが・・・・

150204少女マンガ少年マンガ
少女マンガの醍醐味は、やっぱり心理描写です。
言葉にできない心理をね、話と絵でどう見せるか?
これですね、これに尽きます。

「鉄道少女漫画」の割には、“鉄分”が薄くなっている気がしますが、その分、“少女漫画”の方は絶賛増量中。
寒い部屋で独り、アコちゃんのとまどいに身を悶えさせるのも、また一興というもの。
客観的には気持ち悪いというのは百も承知だ!ほっとけ!


【2】
一方で少年マンガの華と言えば、バトルものですかね。
実はあまり読まないんです。
正直、物語性が薄いものが多くて。あと演出も限られてくるんですよね。
結局、アイテムや戦闘のアイデアと、なにより絵に頼るところが大きいのではないかと思っています。

その点で、最近私のハート(死語)をわしづかみにしてくれたのが、久正人さんの「ノブナガン」です。

進化する異星生物に侵略された地球を救うのは、秘密組織DOGOOに所属する、「E遺伝子ホルダー」と呼ばれる戦士たち。
彼らは歴史上の傑物の遺伝子を持ち、それに対応した特殊能力を具現化し、活用することで任務を遂行する。
主人公の日本の女子高生、小椋しおは、訪れた台湾で偶然その戦闘に巻き込まれ、持っていた織田信長の遺伝子を開花させる。
「友人を守りたい」その一念で、しおは闘いに身を投じる。
彼女の能力は腕に出現する巨大な「銃」。E遺伝子ホルダー「ノブナガン」の誕生である。

コントラスト、バッキバキな絵柄。
迫力あるデフォルメ。
流れるコマ割り。
大胆な構図。
150204少女マンガ少年マンガ
なんかもう1ページずつ芸術・・・なんと久さんのお父様はヒサクニヒコさんだそうです。納得。

バトルものの醍醐味は「衝動」ですかね。
細かい設定とか演出の破たんとか、そんなんもうどうでよくなるくらい、読者が感情移入しちゃう主人公の衝動。これが大事なのではないかと思います。
久々にバトルものでぐっときました。
久さんの他の作品を読んでいないので、読んでみたいです。


さてさて、マンガって、やっぱり絵、大事ですよね。
少女マンガでも少年マンガでも、ホントみなさん素晴らしい表現をされているな、って感心します。

明日は雪だそうですが、皆様、がんばりましょー。







テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2