突撃変態放談

寒いし雨だし皆様お疲れ様です。
すみません、もうだめだめな気分で、自分の好きな妄想に没頭している夜であります。

変態的告白ですが、実は前から欲しかったものが1月に再発売されていると聞いて悩んでおります。
それは、ターンAガンダム(∀ガンダム)のプラモデル・・・


1/100スケールで大きいし、普段、プラモデルなんてつくらないからと敬遠していたのですが、このマスターグレードと呼ばれるシリーズのもののつくりがとても良いのです。

こちらのブログとか・・・
http://blog.goo.ne.jp/white-comet_1969/e/0adfb973f2ddf5112e3a2b3fa6a6305c
こちらのブログとか・・・
http://toyanddiary.blog9.fc2.com/blog-entry-1106.html

うぉぉぉぉ!かっこいいじゃな~い!
ぐぬぬぬ・・・だが悩む。買ったところで作ってるヒマあるだろうか。スキルもないし。

150218ガンダム
左:デザイナー画(シド・ミード氏)、真中:プラモデル、右:アニメ設定画
いや、ホントよくできています。
ターンAガンダムって、そのおヒゲというインパクトありまくりなお顔に始まる、「あまりにも『ガンダム』という記号から離れすぎたデザイン」で否定する方が多いのです。
私も最初は「え~」と思っていたのですが、作品を観ているうちにすっかり好きになってしまいました。
作品世界にばっちりあっていたのと、動きをつけたときに見栄えがする姿が魅力です。
この作品、特に前半では、ターンAガンダムはほとんど砲撃戦をせず、飛ぶこともせず(できず)、肉弾と剣戟で戦っていたことも大きいのですが、どんなポーズをつけてもラインが美しいのです。
これをデザインしたアメリカ人有名デザイナーの方にとっては、「アニメで動かしたときに栄える」ということを考えていた、というところに感銘を受けました。
ターンAガンダムが動いている動画です↓

うごくうごくよくうご~く。描いた方、ご苦労様でした。

これはあくまでも「デザイン」の考え方なんですけど、ターンAガンダムはアニメーションという媒体を踏まえたうえで考えられているのだと思います。
日本のデザイナーさんは、どうしても主人公ロボットのインパクトで玩具の売り上げと視聴率の確保を狙わざるを得ないので、考え方が変わってくるのだろうと思います。基本、日本男子はカクカクしてトゲトゲしたのが好きなのです。
こんなカクカクの極地とか・・・
150218ガンダム
こんなトゲトゲの極地とかね・・・
150218ガンダム
まあ、これはこれで良いとは思いますし、私も、ターンAが富野由悠季監督作品でなければ、このデザインを見て作品自体を観たかどうかわかりません。

でも、私はもともとバイファムみたいなシンプルで曲線を生かしたラインのロボットが好きなのです。
バイファムはメカデザイナー大河原邦男氏の最高傑作だと思っています。
150218バイファム

で、すんごい本を見つけてしまいました。
「マスターファイル ラウンドバーニアン FAM-RV-S1バイファム」

どうやらCGによるメカイラストと独自考察の同人誌的内容の文章が入っているみたいです。

150218バイファム
うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!かっこイイィィィィィィィっ!!
作中にも出てきた長距離航行用の増槽を装着してますね。
バイファムは高空が似合うんだよなぁ。

バイファムはモビルスーツと違い、白兵戦用の兵器ではありません。
戦闘機や船外活動宇宙服の延長にあり、電子戦も踏まえて、砲撃戦をするための兵器です。
ビームはほとんど連射モードで使い、バーニアを生かして空間を複雑な機動をして、弾幕を張って相手に襲い掛かります。

150218バイファム
メカの独自考察をCGでしているみたいです。
膝から下はまんま推進剤タンクというわけですね。
おそらくそれがモノコックフレームを兼ねてて、トラスフレームで補強と・・・
分厚い装甲で覆われていることは、当時の設定画にあったなぁ。
足についてるコクピットとの連絡用電話の設定画を覚えています。
それの蓋の蝶番が、分厚い装甲のためにとんでもない構造をしてて、子供心に驚きました。
大河原さん、そういうとこ本当によく考えるんだよなぁ。

150218バイファム
これはバイファムの前の型でネオファム。
大気圏内飛行用装備「スリングパニアー」を装着。
スリングパニアー嫌いだったんだけど、これ見ると惚れてまうやないか。

本、速攻で注文してしまいました。
早く届け~。

ちなみに、バイファムはジュール・ベルヌの「2年間の休暇」を下敷きにしたジュブナイル作品としての要素が強くて、戦闘シーンは添え物です。
実はガンダムの元ネタのひとつを流用したものなんですよね。
でも、ガンダムよりずっとSF描写や物理描写が濃く描かれています。


話がだいぶ飛んでしまいましたが、私のM696も、ターンAやバイファムに近いデザインだって思っています。
私の趣味が世の主流でないことはわかっているので、こんだけビビっとくるデザインのバイクは、今後出ないかもしれないと思っています。実際後継のM1200は違う路線になってしまいましたしね。
不思議なことにM796や1100じゃだめなんだよな~、696オンリーで。
Monster696

TAO「HELLO VIFAM」

「銀河漂流バイファム」の主題歌。
プログレ。英語。
かっこいいから聞いてみて、ほんとかっこいい曲だから。








テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2