メッキララバイ

soloのお手入れの続き。
今日は雨が降っていました。
まずはホンダのディーラーへ行き、先週注文したボルトを受け取り、割りピンの注文をしました。
実は今まで割りピンを再利用していたのですが、それはどうやらダメみたいなので。

そして帰宅して、はずした部品をキレイにしていくことにしました。

150222solo整備
まずはチェーン。
シールチェーンではないので、灯油で洗うことができます。

150222solo整備
これをやると、付着している泥だとか金属の粉だとかが多いことに驚きます。
先々週、クリーナーで拭いたばかりなのですけど。

150222solo整備
洗い終えたチェーンはウェスでよく拭いて、それから埃が飛んでこないところで数日乾かします。
灯油は揮発性が低いので、乾くのに時間がかかるそうです。

150222solo整備
次にブレーキペダルの錆取り。
見えないところが錆びてきていました。
放っておくと、どんどん錆が広がるので、早めに対処した方がよいと思っています。

150222solo整備
今回はKUREのサビ取りクリーナーを使ってみました。
強い薬品のようなので(ニオイからしてすごい)、手袋が必要です。
これはホームセンターで購入できるのが良いのですが・・・・

150222solo整備
これが錆を取った後。
KUREのサビ取りクリーナーの商品説明にあるように、布で拭いたくらいではサビがとれず、粘土状になった錆をドライバーの先をヘラのようにして削げ落としました。

KUREのサビ取りクリーナーは、以前使った錆び取り剤「花咲かG」と比べると、能力がイマイチです。
しかも、ジェル状になっているのですが、これが拭きずらかったです。
花咲かGはサラサラで、錆に付着させるために紙に染み込ませて張り付けたり、上からラップをかけたり工夫が必要でしたが、その分拭き取りやすかったです。



150222solo整備
パーツクリーナーでサビ取りクリーナーを除去したら、ペイントしました。
埃がない場所で使う時まで乾かすことにします。
メッキとは色が違うけれど見えない場所だからよしとします。

150222solo整備
次は、リアブレーキを固定するロッド(ブレーキストッパー)とリアブレーキの作動ロッドをきれいにします。

150222solo整備
前から、この付着物を取りたいと思っていたのです。

150222solo整備
溶剤を使ってみたところ効果なし。
そこで、ネバダルを使ってみることにしました。



150222solo整備
ネバダルは金属部品を磨くためのもので、綿状の研磨剤をちぎって部品を擦っていきます。

150222solo整備
こんな感じで使うのですが、実はメッキや塗装部分に使ってはいけないものです。
お恥ずかしい話、私、これがメッキである認識がありませんでした。
これが後述の悲劇を呼びます。

付着物がしつこく、なかなかとることができません。
溶剤でも取れないことから、「これはもしかして錆なのでは?」という考えが頭をよぎりました。
そこで、試しに上の錆取り剤を使ってみることにしたのです。

150222solo整備
結果:惨敗
メッキが剥げてしまいました。
というかメッキだと思っていませんでした。
あ~、どうしよう。

150222solo整備
リアブレーキの作動ロッドに着いた部分も剥げてしまいました。

【皆様へのご注意】
 ・メッキ部分にネバダルや錆び取り剤を使うべからず。

仕方ないので、またディーラーへ行って、この部品を注文してきました。
リアブレーキの作動ロッドは曲がっていましたし、思い切ってこちらも新品に交換です。
soloはもう製造中止から10年が経っているのですが、2015年2月現在、この部品はまだ入手可能とのこと。よかった。
ただ、入荷は3月下旬になるとのこと。

ということは、現状のものをしばらく使わなくてはいけない・・・
そして、そのためには塗装しなくてはいけない・・・

あ~、やればやるほど手間が増えるゥゥゥゥゥ!
というわけで、ロッド塗りをしなければいけなくなりました。
銀のスプレー缶あったっけなぁ?


蛇足ですが、部品が入手できるうちに、ゴム関連のパーツは購入しておいた方が良いかもと思っています。
ひび割れしている部品も出てきました。









テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2