めっきとアキラと人間の性

昨日の失敗を繰り返さないために、めっきについて知ろうと思いました。
金属の表面に別の金属の被膜がある、というぐらいの認識だったんですけど、どうしてそうなっているのかは知らないのです。

■素材は様々
めっきされる素材、めっきする素材、それぞれいろいろあるみたいです。
メッキされる素材は、金属だけでなくプラスチックなどもあります。
ただ、やはり相性や使途などで定番の組み合わせがあり、めっきされた状態で素材としての名前が通っているものもあります。
トタン(亜鉛めっき鋼板でなおかつ建築資材として使われているもの)やブリキ(スズめっき)などです。

■方法も様々
めっき素材を溶かした液体にめっきする素材を入れて電気を通すと、表面にめっきが形成される方法。
めっき素材を溶かした液体にめっきする素材を入れて還元剤でめっきを形成する方法。
めっき素材を溶解した液体をめっきする素材に入れて、加熱して溶液と蒸発させてしまう方法(古代の水銀を利用した方法)
など、様々な方法があるそうです。
プラスチックは真空蒸着という方法でめっきするとか。
蒸着ですか・・・

蒸着・・・
蒸着・・・
蒸着・・・

・・・ギャバン!
150223めっき ギャバン


「若さ 若さってなんだ
 振り向かないことさ
 愛ってなんだ
 ためらわないことさ
 ギャバン
 あばよ涙
 ギャバン
 よろしく勇気
 宇宙刑事 ギャバン~♪」

うぉぉぉぉ! 燃えます!
串田アニキの歌声は魂に火がつきますね!



さて熱唱したところで、話を元に戻して。
■目的も様々
防錆、耐候性、光沢性、耐摩耗性、電気的特性の向上などなど。

■自宅でもできる?
バイク仲間で、自宅でめっきをするという方がいらしてびっくりしたことがあります。
サンポールみたいな強酸性の薬品にめっき素材(亜鉛や銅など)を溶かして、めっきする素材を投入。通電するとめっきが形成されるそうです。ネットで検索したらけっこうみなさんやってらっしゃるようです。
化学実験みたいで面白そうだし、鉄のボルトなどに亜鉛メッキしたら防錆できますよね。
いいな~、楽しそう。
でも、廃液どうするんだろ?

■防錆は完ぺきではない
めっきも錆びます。
それはものすごーく微小な穴が空いてるかららしいです。
それを埋めるケミカルがあるらしいです。
っていうか、私、もってた。忘れてた。

ちなみにめっきの錆取りは有名店「ホワイトベース」さんが、こんな方法を紹介されています。
これ、いいんかいな?


■いろいろと考えた
以上、めっきについて前よりは少しだけ知識を得ました。
金属に反応する薬品をつけたり、強烈に研磨しちゃだめなのですね。

それにしても、金属(卑金属)が錆びるのは、その金属が土や岩石(鉱石)に戻りたいということとも捉えることができますよね。(腐食しない金属=貴金属もあります)
私達が利用している様々な金属って、とても強い素材だけど、実は地味に「不自然」なものであるということでもあります。
それを妨害するために、私達は金属を塗装したり、めっきしたりするわけです。
イオン化傾向が強い亜鉛を鉄にめっきすると安定する、つまり防錆に有効だそうなのですが、その金属の「石に戻りたい気持ち」をうまく利用している、っていうか騙しているということなのですね。
めっきについて考えていたら、人間ってやっぱり不自然な存在で面白いな、と、そんなことを考えてしまいました。
でも、卑金属と貴金属って、自分たちに都合悪いと卑しいということだったら、傲慢な気もします。
そして、ギャバンの歌を歌いながら、バイクの錆をどうやって落とそうかと考えている私は、きっと宇宙刑事に逮捕されてしまうくらい、宇宙で一番不自然な存在なのでしょう。
もうギャバン・ダイナミックで斬られよう。

でも、その前に串田アキラさんつながりで「疾風ザブングル」も聞いとこうっと。

「虹を目指して アクセル吹かし
鋼の腕が 大地を拓く」
安野モヨコ先生も推薦ドライブ曲。(by「監督不行届」)
ドラムとベースラインの力強さ、安定の歌唱力。
ギターはどうやら機材トラブル?カスタネットがないのも残念。
でも、熱い!熱すぎる!!












テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2