お隣が忘年会の季節?

先日、ギリシャ経済のニュースでこんなのがありました。

「ギリシャ首相、大衆迎合的な政策を発表 EU側が反発か」
http://jp.wsj.com/articles/SB12081608772373954249104580488953954584776

この背景は、ギリシャが借金を隠していて、それが限界を超えて返せなくなったことが判明。道連れで倒産する国が発生するのを恐れたEUがお金をあげたということがあります。
お金をもらうギリシャは「しばらく地道に清貧生活をします」というような態度をとってしかるべきですが、最近就任した若い大統領は「そんなんしらねーよ」とばかりに、また国民に大盤振る舞いをしようとしているわけです。
EUに対する脅迫ですよね。「オレが倒れればみんなで地獄行きなんだろ?なら金よこせよ」という。
かなりたちの悪い大統領閣下です。

前にも書きましたが、私は民主主義って経済が右肩上がりでないと機能しないと思っています。
民主主義はつまるところ「富の分配システム」だからです。富が発生しなければ機能不全に陥ります。
ギリシャはまさにその良い例です。
ギリシャ国民は、“自分たちに優しくしてくれる”大統領を選びました。
誰だって苦労したくないですよね。だから嘘でも優しい言葉に騙されていた方がいい。
でも、歯を食いしばって生きなくてはいけないときが人生にも国にもあるわけですが、民主主義ではその選択ができないのです。楽な方へ流されるだけ。
このことから民主主義は「バカの選択」をするためのシステムと言えます。

ギリシャのように借金で回らなくなった国をどうやって立て直すか?
とにかく貧乏に耐えて借金を地道に返せればまだよいのですが、それでもだめなら強制的にでも国中のお金をかき集めるしかありません。
それができるのは、私が知っている限り全体主義か共産主義です(広義には共産主義も全体主義に含まれると思います)。封建主義もありますけど、現代的ではないですね。
全体主義というのは、大日本帝国とかナチスドイツみたいなファシズムのことです。思想統一のため国民が国の命令に背けないという共通点があります。

最近、その実例として民主主義から全体主義へ変身中の国に気づきました。
お隣の韓国です。
知らなかったのですが、先日のニュースで「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」というのがあって、それによる財産の強制的な収奪が完了したそうです。

「韓国政府、親日派土地1000億ウォン分を還収」
http://japanese.joins.com/article/190/197190.html?servcode=400§code=400

これは、大日本帝国の統治下で、日本に協力した人々の財産を没収する、というものだそうです。
どんな財産を“日本に協力した見返りとして築いた財産”とするかはわかりませんが、“親日派”は“反民族行為者”として財産を没収される、ということで、これってナチスドイツがユダヤ人に対してやったことと変わりません。
先の産経新聞韓国大統領名誉毀損問題に見る、言論の自由の放棄もあわせて、韓国は実質的に全体主義に陥っていると考えます。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150102/frn1501021117004-n1.htm

日韓ワールドカップや韓流ブームの頃の親しかった時期も忘れてしまうような、近年の韓国国家主導の反日という国民への思想統一。この理由は簡単で、韓国経済は想像以上に綱渡りだからのようです。
国民の不満が政府に向かないようにするための反日というわけです。

でも、それも限界で、2018年に開催されるはずの平昌冬季オリンピックの準備すら進んでいないことが問題となっています。
国家規模の信頼を維持するには、借金をしてでもオリンピックを当たり前に開催しなければいけないのですが、それすらままならない台所事情なようです。

【韓国平昌冬季五輪、開催ピンチ】~深刻な財政危機、分散開催案浮上~
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150227-00010002-jindepth-int

そんなことになった背景は、最近のウォン高と中国の景気後退がとどめだったのでしょうが、その準備は随分前からあったようです。
ざっとネットの噂話を調べてみただけでも、
 ・UAE(アラブ首長国連邦)から原発開発を受注するも、契約履行が困難
 ・インドネシアの国策として建設した製鉄所が稼働直後に大事故連発
 ・F1グランプリ開催続行不可で投資回収できず約100億円の違約金も発生
 ・米ファンドが韓国政府に約5000億円の賠償を請求訴訟を起こす
 ・サムスン電子に米アップルへの特許侵害で約950億円の賠償支払い確定
  (但しアップル側もサムスンへ支払う賠償金あり)
とあり、サムスンの件以外は未確定ではありますが、大規模な投資未回収や、違約金と賠償金の支払いが立て込んでいるようです。
特にUAEの違約金は2兆円規模という噂もあり、本当なら平昌オリンピックの準備が進まないのも頷ける話です。直接関係ないですが駐留アメリカ軍も撤退するので、軍事費もかかるようになるでしょうし。
ここまで来ると、国民の資産の没収もやむなしということで、反日活動とあわせて“親日派”の財産から、ということなのかもしれません。

このように、国の経済事情に伴い、システムも変化していくのかな、と感じています。
ただ、こんなふうに右に傾いた国が行き着く先は戦争です。
特に韓国のように、経済的に背伸びしすぎて自滅しつつある国はほとんどそこに行きつきます。もうヤケクソというわけです。
大日本帝国も、ナチスも、フォークランド紛争のときのアルゼンチンも、経済面を調べると、追い込まれてて戦争せざるを得なかったように思えます。
私は、これを「忘年会」と呼んでいます。(前にも書きましたが)

ちょっと前までは漠然と中国かと思っていましたが、いまは韓国が忘年会をしたがる時期のような気がして怖いです。
もしそうなったら、その無礼講のお相手は北朝鮮ではなく日本になるでしょう。わけがわかりませんが。
日本がこの時期にあえてドイツのメルケル首相を招いたり、安倍首相がオバマ大統領に国賓待遇で招かれたりするのは、ウクライナ、ギリシャも含のめたそのあたりの事前調整の意味もあるのかもしれません。
そしてなにより日韓スワップ協定を終了させたのは、このような事態を見極めた結果なのでしょう。

でも、右翼化は日本も対岸の火事ではないのかもしれません。
最近やたらある「日本礼賛」テレビ番組や本などを見ると、韓国と同じ傾向に入っているのかもしれないと思う時があります。
だからこそ日本はこのタイミングで新しい富の分配システムを構築して、力強い消費を生み出せば、他国に一歩抜きんでることができると思うのですけど。
まあ、安倍氏が既得権層なので、それは無理でしょう。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2