カラス

時折、野鳥に餌 -といっても自然界にありそうなもの- をあげたりしてて、このところもらったすっぱくて食べるのをためらっていた柑橘類の実をあげたりしておりました。メジロやヒヨドリがやってきます。
そしたら、今朝はみかんを置いておいた籠が木から落ちていました。
それなりにしっかりしたところへ置いておいたので、はてと思い、元の位置に戻しました。

帰ってきたら、今度はその籠が遠くまで放り出してありました。
籠にはヒヨドリのものと思われるふわふわの羽がたくさんついていて、遠くでカラスの鳴き声が聞こえました。
これはカラスがヒヨドリを襲った上に、籠をここまで持ってきたな、と思いました。
猫がここまで持ってくる理由がありません。
カラスは私に対するいやがらせでここへ籠を持ってきたのでしょう。犯行宣言ですね。

この前はカラスが川鵜に襲い掛かっているのを見ました。
川鵜も対策を講じていて、水面すれすれに飛んで逃げます。
そうするとカラスは着水を恐れて、上から襲い掛かることができないというわけです。
でも、上昇できないわけですから川沿いをカラスが諦めるまで飛んでいくのでした。

猫をからかっているのも見たことがあります。
猫に届きそうな木の枝にとまり、猫が飛びつく寸前に飛んで逃げるのですが、すぐに戻ってきて、その繰り返しです。
猫の方が頭が悪いのかもしれません。

カラスというのは、本当に悪知恵が働く生き物で、いずれも捕食が目的ではなく、遊んでいるのだと思われます。
この知能をなにか生かす方法はないものですかね。
そういや、小さい時から育てると愛玩動物として楽しいらしいのですけど。

カラスに目をつけられてしまった以上、野鳥への餌やりはしばらく止めることにします。
襲われたヒヨドリが無事だとよいのですが。

なぜか今夜はくるりの「赤い電車」を聞いています。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2