スプレー日和

この週末は雨らしいので、今日はsoloの部分塗装を進めることにしました。
スイングアームの広範囲のところと、ブレーキを固定するロッドの下塗り(プラサフ)です。
150306solo塗装
乾いた木工用ボンドをとるとこんなかんじ。
角などのとりにくい部分がとれてくれるのがうれしいです。

150306solo塗装
でも完全にとれるわけではないので、精密ドライバーをコテ代わりにして錆を取って行きます。
木工用ボンドをつけておくと、錆がとれやすくなるのです。なぜだかわからないのですが。

150306solo塗装
こういういかにも水がとどまりそうなところが錆びています。

150306solo塗装
一方、ブレーキ固定ロッドは全体を塗装するので、数回に分けてプラサフという下塗り剤を塗ります。
二度塗りします。
一回吹いたら30分かけてかわかすので、とにかく時間がかかります。
待ち時間はスイングアームを相手したり、ブレーキロッドにめっき用コーティングをしていたりしました。

150306solo塗装
スイングアームの比較的広範囲な部分も、念のため筆で下塗りします。

150306solo塗装
ほんとはもう一度サンドブラストで塗装をはがして、全部塗り直したいです。

150306solo塗装
それでもこうやってすこしでも錆の進行を遅らせれば、まだまだ乗れるでしょう。

150306solo塗装
塗り終えたロッド。
表面に凸凹があるので、600番の耐水ペーパーで磨きます。
本当は700番がよいらしいのですがありませんでした。

150306solo塗装
こちらが磨き終えたもの。
白のまだらが出ているのは、下地が白のプラサフだったので。
途中でなくなってしまったのでグレーに替えました。
はじっこが取れてしまったし、まだ凸凹があるので明日ははげたところを筆塗りして、その上からもう一回プラサフを吹くとするかな。
とにかく焦らず丁寧に行きたいと思います。

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2