yeye and コトリンゴ。そしてイベント「結いのおと」がアレだった件

150307結いのおと yeye コトリンゴ
昨晩は、茨城県結城市へ、大好きなyeyeさんのライブをはじめて聞いてまいりました。
コトリンゴさんもご出演ということで、東京のライブハウスが苦手な私は、期待していました。

2mくらいの間近で演奏を聞くことができて、本当にうれしかったです。
陳腐になるので、その感動を言葉にするのは控えますが、ライブで聞くことができて大満足ではありました。

コトリンゴさんは、作品を聞いて「ピアノの大魔神」というイメージでしたが、思った以上に親しみやすいライブでした。
良い意味でインディーズのyeyeさんに対し、プロのオーラがびしばし出てましたね。

でも、終電の都合で最後まで聞けなかったのが残念でした。

yeyeさん「明日は来ないか」「miserable」

前置きが長いので3:50あたりからお聞きください。
昨日は大好きな「明日は来ないか」を演奏してくれてうれしかった。miserableも聞いてみたかったな。

コトリンゴさん「ツバメが飛ぶうた」



150307結いのおと yeye コトリンゴ
結城駅前は再開発されて、潰れた大型スーパーがある寂しいところでした。
雨でなければ、早く来て歩くつもりでしたが・・・こちらは降ってませんでしたね。残念。
結城紬を見たかったらまた来よう。

150307結いのおと yeye コトリンゴ
駅からあること20分弱。会場のレストランへ着きました。
住宅街の裏道にある隠れ家的なお店です。
方向音痴の方はスマホがあってもたどり着くのは難しいかも。

おまけに案内板などがなく、どこから入るのかわからない。
中庭から入ってしまいました。

途中、コンビニなどはないので、トイレや休憩は駅付近で済ませておけばよかった。
お腹すいたしトイレ行きたい~。

150307結いのおと yeye コトリンゴ
雰囲気は良いのですけれどね。
このイベント、いろいろと問題がありました。

150307結いのおと yeye コトリンゴ
入口は2か所。ということで、先着順という話を聞いていました。
会場に近い、中庭の方へ行ってみました。

食事などが販売されていましたが、いつ開場するかわからないので、食べることはできません。

そして、やはり案内などがないので、入口がどこでどこに並べばよいかわからない。
おまけに誰に聞いても返ってくる答えが一致しない。
不安になってきました。

150307結いのおと yeye コトリンゴ
席があるので「もしかして屋外ライブなのか?」と思い、訊いたところ、「溢れた人に見てもらうプロジェクターのためのもの」とのこと。
いやいやいやいや、ちょっと待って!それおかしいでしょ!
同じお金を払ってライブが見られない可能性があるのって。
すっごい不安になって、受付で聞いたところ「やっぱり入口は一か所にしました」とかいう。
だったらアナウンスしてよ!

何処に並べばいいのかも、こちらからプッシュしてやっと答えが出てきました。
っていうか、その時決めてました。

でウェルカムドリンクがついているのですが、会場では離席不可のルールですし、席の確保を考えると前に飲むか、あとで飲むか。
前に飲もうと取りに行ったら、全て冷たいもの。
この寒い中並ぶのにホットドリンクの選択肢がないのはどうなんだろ?


念のため「yeyeさんとコトリンゴさんの間は一度会場を離れて、再び並ぶのですよね?」と聞いたところ、「そうです。別会場の別のアーティストのライブへ行ってほしい」とのことでした。

でもねぇ、そしたらコトリンゴさんのライブを外で見ることになるかもしれないし、それは避けたい。
この店にもう一度並ぶことを決意しました。
それにしても、このイベントお年寄りとか子供連れとか障害者のことを考えてないな。

ところが、急に店内にいてもいいです。という話になりました。
別会場をさばききれるかわからないので分散したい、みたいなことをスタッフ内で話していました。
現場の人が適当にあれこれいうのですが、組織として問題を解決してから正式にアナウンスしてほしいです。
本当にグダグダでした。

150307結いのおと yeye コトリンゴ
yeyeさんのライブが終わって、「離席するな」と言われました。
トイレにも食事にもいくな、ということです。
待ち時間とコトリンゴさんのライブ終了まで、2時間の予定なんですけど。

お店の人に交渉して離席することを了承させました。
だって、自分の都合だけどライブが終了したら終電でご飯食べる時間がないし。

ご飯を買ったけれど、離席の問題が心に引っかかって味わうことができなかった。
なんとなくおいしかったけれど、しょっぱかったな。


さて、このイベント、なにが問題なのか。
いろいろと細かいところを指摘できますが、根本的なところを一言で言えば、「お客様目線で考えられていない」ということです。
自分たちの理想が前にあって、ぜんぜん想像力が働いていない。

はるばる遠くから交通費を使って、チケット代を買ってライブを見られないだなんて言語道断で、真冬の夜空の下でプロジェクターの映像を見るくらいなら家でyoutubeを見てた方がマシです。第一、そんなことどこにも書かれてなかったと思いますが。読んでないだけかもしれませんが。
好きなアーティストのライブを聞きに来る人もいるのであって、そういう人にとってどの席になるかは重要な問題です。
イベントの雰囲気だけを楽しみたいだけの人だけではない、いろんな人がいるのだという観点がこのイベント企画には必要だと思います。

回遊型のイベントにしたいなら、指定席にするのが一番確実です。
そうすれば、他の場所にも行けるし、食事だってトイレにもいけます。お年寄りも子供連れも障害者も移動に不利はなくなるでしょう。
良い席が欲しいなら、全く動くな、なんてあんまりだ。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2