原付とラーメン

いまWEBで公開されている林明輝さんの「ラーメン食いてぇ!」 というマンガが面白かったです。
http://evening.moae.jp/lineup/448
エピソードが少し大げさだけど、味に対する考え方とか、食の安全性の問題とか、いろいろと共感するところがありました。
私もラーメンは流行の濃いやつよりも、どちらかと言えばスタンダードな方が好きですね。
マンガの舞台のひとつは群馬県で、私も館林で食べた平野屋支店のラーメンが美味しかったなぁ、と思い出します。
栃木県の佐野ラーメンみたいな感じのラーメンなので、緬は手打ちです。スープはしょうゆ味。
北関東は小麦の生産地だから、手打ち麺になるのも頷けます。
平たい縮れ緬がおいしかったんですよ。

ああ、ラーメン食べたい。
次の週末は原付solo号でラーメンを食べに行きたい・・・


しかし、現実はバラバラになっているうちのsoloさんです。
はじめは「思ったほどひどくないじゃん」と思っていたスイングアームですが、騙されました・・・
150310solo塗装
意外なところがけっこう錆びていました。
なんか塗装にひびが入っているぞ、と思って、塗装をはがしてみたら錆びてたとか(写真は錆び除去後)。

150310solo塗装
こういういかにも水が溜まりそうなところが錆びてたりとか。
これなら、花咲かGとか使って、がっつり処理した方がよかったな。

やはり、水が溜まるところ、形状が複雑なところ。溶接部分がだめですね。
元々塗装が薄いというのもありますが、自分で塗装したところもやられてました。

考えてみたら、製造されてから12年。うちに来てから10年。
錆がひどくて、分解して部分的に塗装したりかしたのが9年前。
錆びるのも無理はないです。
ここでできるかぎりしっかり錆び除去と対策をやっておこうと思います。

また、下塗りを終えたリアブレーキ固定ロッドですが・・・
150310solo塗装
この部分の塗装が厚すぎでした。

150310solo塗装
この部分に接続するのですが、隙間に入るのにギリギリ。
本塗装したら入るかわからない。
またボルト穴にボルトが入らなくなっていました。
そこでどちらも耐水ペーパーで削ることにしました。
本塗装前に気づいて良かったです。

あれですね~。耐水ペーパーをかけるのは本当に慎重にやらないとだめですね。
注意を怠ると角が剥げてしまったり、削りすぎたり。
今日も一部剥がしてしまいました。また塗らないと本塗装できないな。

さあて、いつ完成するか、ますます目途が立たなくなってきたぞ。


昔のラーメンって、日常食だった気がしますが、インスタントやカップラーメンを除いて、外でいただくラーメンっていつの間にか、少し非日常の食べ物になっていた、という感じがしております。
週末にバイクで食べに行くようなイメージです。
ようし、少しずつでも作業を進めて、早く走れるようにしよう。ラーメンを食べに行こう。

矢野顕子さん「ラーメンたべたい」


【追記】
下地のプラサフを白にして、そこにグレーを重ねたのは正解でした。
どこまで削ればよいのかがわかりやすいです。
でも、まだら模様になってしまうので、発色がシビアな場合は、下色の塗料を塗る必要がありますね。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2