意外と効果あり!(木工用ボンドと重曹でめっき部分のサビ取り)

今日もsoloのサビ取りです。
ヒートガード裏の続きをしました。

150311solo塗装
ヒートガードの裏に木工用ボンドを塗って、1週間と半分くらい。
完全に硬化した木工用ボンドをはがします。
やっぱりたっぷり塗って、カチカチになるまで硬化を待つのが良いようです。

150311solo塗装
これがボンドを塗る前の状態。

150311solo塗装
これが木工用ボンドをはがした状態。
あまり変わらないようにも見えますが・・・

150311solo塗装
剥がした方を見ると、けっこう錆がとれているのがわかります。
想像以上の効果でした。
それに、錆が柔らかくなるので、この後の行程がやりやすくなるのです。

150311solo塗装
残っている錆をへらで掻き落とした後、水で湿らせた重曹で磨いていきます。指でキュッキュッと。
クレンザーと聞いておりましたが、重曹しかなく試したところ問題なかったです。
※塗装面はつかえない方法です。

150311solo塗装
新品のようになりました。

150311solo塗装
めっき用コーティング剤を塗って完了。

数日後、めっき用コーティング剤を何回か重ね塗りして、そのあとワコーズのバリアスコートか、耐熱ワックスを塗ったらできあがりです。
専用ケミカルを使わなかったから安く上がりました。
比較的安全な素材ですから、そこもよかったです。

あとはスイングアームと、ブレーキ固定ロッド。
まだまだ先は長いな。



テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2