「ともちゃんの幸せ」

よしもとばななさんの「デッドエンドの思い出」という短編集の、「ともちゃんの幸せ」というそのなかでもとびきり短いお話がとても好きで、何度も読み直しています。
5分、10分で読み終えてしまうような短い話だし、オチはメタフィクションでがっかりするし、お勧めできる話かというと、そうじゃない。
でも、読み終えると私は少し前向きな気持ちになるのです。
不幸な主人公と自分を比べて優越感を得るのではなくて、静かに暮らす主人公の価値観に共感するのだと思います。
「気品とは見えないところの美しさ」なんて言葉をどこかで読んだけど、それはこの主人公のような生き方なのではないかと、そう思うのです。


テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2