スカートの違和感

私の好きなミュージシャン、スカートの澤部さんが、キリンジの名曲「エイリアンズ」について語っていました。








「エイリアンズ」って、ハイハットに限らず、聞く環境によってはスネアドラムも浮いてる、っていうか、ドラムそのものが最初ずいぶんと浮いてる気がします。
でも、キリンジって、この「違和感」がめちゃくちゃに上手い気がするんです。アレンジだけでなく、曲のハーモニーとか、歌詞とか全てにおいて。

昨日のゲスの極み乙女。にも通じる話なのですが、音楽に違和感って、大事な気がします。
ゲスの極み乙女。はプログレシッブロックみたいな唐突な展開と、芸達者なプレイによるキワモノフレーズがそれを出しているのだろうと思うのですが、どのアーティストもどこに、違和感という名のクセをどのように演出するか、それが重要なのかもしれません。
それでいうとXTCは、コリンのうにょうにょベースラインを含めた英国民謡的なハーモニーかな?そんな気がします。

かといって違和感が前面に出ちゃダメです。いかにきれいにするかがポイント。
かつて、ライブハウスでそれを狙いすぎて違和感だけのバンドがありましたが、そこをどうやって演出するか、それがそのアーティストの特徴と言っても過言ではないのかもしれませんね。

さてさて、スカートの「違和感」はどこだろう?
ん~、まだわかんないな~。(インディーズだから録音クオリティは別として)

スカート「すみか」

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2