あの国の人々

今日は韓国の人から電話があって・・・
前にも仕事で韓国の人と話をしたけど、どうもあれですね、よくわからん。
仕事って、Win=Winになってはじめてお付き合いが成立するわけだけど、あの国の人たちはそこの感覚が全然違う。
「は、えっと、それってウチになにか利益あるんですか?」という話を平気で持ってくる。
今回は、こちらが何十年かけて蓄積したノウハウをただ奪うだけの話を持ってきました。
しかも依頼の納期が普通じゃなくて、地味に失礼極まりない。
おまけにイリーガルとまではいかないまでも、通常のスキームとは違う形で話を持ってきたりする。
「いやいや、そういう大事な話は正規ルートで持ってきてください」ということで、「丁重にお断り」で、という課内コンセンサスで対応しました。
これまでの経験で、あの国の人々には「金(利益)は天下のまわりもの」っていう感覚がないように思えます。長期的視点が欠けている。目先しか見ていない。
あと、対等な関係という意識がどうやらない。上下でしか相手を見られない。
個人的には、あの国の人とはあまりお付き合いしたくないですね。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2