トランスポーター&バイク(スズキ エブリイ&HONDA solo)

先日、京都のカフェカブパーティーへ参加するため、初めてバイクをクルマに載せました。

HONDA solo トランスポーター
レンタカー。スズキのエブリイです。

HONDA solo トランスポーター
事前に調べておいて、M8のアイボルトを4本購入しておきました。
場所はリアハッチの脇と、スライドドア―の脇あたりです。
マット?カーペット?ははじめから留め具が引きちぎられていて、簡単にアクセスできました。

HONDA solo トランスポーター
Sさんからお借りした、ラダーフレーム(スロープをつくる板)と、タイダウンベルト、その他車載グッズで、小一時間検討した結果、こうなりました。
専用の道具が便利なのと、Sさんに事前に練習させてもらったのもあって、極めてスムーズ。
予定より早く作業が終わりました。

ちなみに、リアフェンダーをはずすと、十分なスペースを確保できます。
練習で使ったXR100は、ハンドルを切るとハンドルの端が屋根に引っかかりました。

HONDA solo トランスポーター
大事なポイント。
フックにケーブルなどを挟まない。
タイダウンベルトを互い違いにするなどして、できるだけ多方面から力がかかるようにする。
ブレーキレバーを縛るなどして止める。
フック等は車体と直接触れさせず、当て布などをあてる。
そんなところですかね。

HONDA solo トランスポーター
反対側はこんな感じ。

ちなみに車関係の費用。
燃料代:13,036 円(バイクに入れた2Lを含む)
レンタカー代:24,192円(3日間、保険フルスペック)
高速料金:15,990円(ETC、往路休日、復路平日)
合計:53,218円

距離はちゃんと見ていませんが、1,000kmは確実に超えています。
船橋北部→宇治→宇多野→宇治→船橋北部です。

かかった時間は往路9時間強、復路8時間強。
復路は自宅付近と羽田あたりの事故渋滞がひどくて長くかかりました。

まあ、いずれにしろ、コスト面で考えると合理的な旅ではないです。
でも、鉄道(新幹線含む)で行くと、定価で27,588円。
さらにこれに現地での移動の交通費がかかりますから、現地での自由度を考えると、コストパフォーマンスは意外と悪くない。

ただ、時間では完全に負けます。自宅近くの駅からJR奈良線宇治駅まで4時間強。半分以下でした。

テーマ : バイクのある生活
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2