真夏日にエアフィルターを掃除する

暑いです。お昼過ぎの気温。
150802エアフィルター清掃
でもやらないと、エアフィルターの掃除をやらないと・・・いまやらずしていつやるのだ。

150802エアフィルター清掃
エアフィルター、掃除します。とりあえずタンクがはずれるように分解します。
Monster696はこのあたりめんどくさいです。
タンクのはずし方は、こちらをご覧ください。

150802エアフィルター清掃
エアクリーナーのユニットをはずします。
3,000~5,000kmごとの清掃が推奨されておりますが、それ以上走ってしまいました。
でも、あまり汚れてなさそう。

150802エアフィルター清掃
分解。
ユニットそのものは元に戻します。ゴミが入ると困りますので。

150802エアフィルター清掃
本日の主役。K&Nのエアフィルタークリーナーキットです。


150802エアフィルター清掃
しまった、説明書が英語だった。
えっと、なになに・・・読むのめんどくさい。

150802エアフィルター清掃
エアフィルターにクリーナーをまんべんなくスプレー。
そして10分放置。

150802エアフィルター清掃
冷たい水を低圧でで、と説明書にありますが、私は普通の常温水を低圧で吹きつけてクリーナーを流します。

150802エアフィルター清掃
紫色のオイルが落ちました。
問題はここから。
完全に乾燥させる必要があるそうです。
ん~、今日はここまでかぁ。全部終わらせたかったんだけどな。
エアフィルターは倉庫においておいて乾燥するのを待つことにします。

150802エアフィルター清掃
予想以上に早く終わってしまったので、この機会に外装をはずして、掃除やワックスがけをすることにしました。
今日は外装そのものをやりました。

【外装のクリーニング】
1.必要であればパーツクリーナーで脱脂
2.バイクシャンプーもしくは中性洗剤で洗浄
3.きれいなウェスで水をふき取り乾燥
4.必要なパーツにコンパウンドをかける
 ※コンパウンドは表面を削る物なので年に1,2度だけ
5.水でコンパウンドが乾いて粉になったものを洗浄
6.よくを水を切り、完全に乾かない段階でバリアスコートを塗布して付属の磨き布(?)で拭く
7.数日してバリアスコートが固着したら黒の梨地樹脂パーツにプロテクタント アーマオールを塗布して拭く

これで見違えります。
ちなみにコンパウンドとして「花咲かGワックス」を使っているのですが、これはけちらない方が良いようです。
そしてバリアスコート付属の磨き布(?)の威力がすばらしいです。




次回は車体が泥だらけなので、細かいところを掃除して、エアフィルターにオイルを塗って装着までかな、と考えています。
あ、ディーラーに部品をオーダーしにいくのを忘れてた。

さて、朝はバイク仲間と語らい、ひさびさに仕事以外の人と話ができたわけなのですが・・・、一日を終えて疲れに気づきました。
今日、がんばりすぎたかも。
昨日も仕事してたし、代休が溜まっているし、少し休みたいなぁ。


余談ですが、先日上司から「テレビで見たんだけど、ダニって摂氏50度以上で40分、60度以上なら10分で死ぬそうだ。炎天下のクルマの中に放り込んでおけばダニは死滅するらしい」と聞いて、さっそく試してみました。
150802ダニは50度で40分
クルマの中に布団を放り込んで、寒暖計を吊るして放置。
うわ、ほんとうに50度以上になってる。
今夜は安心して眠れそうです。

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2