暑いからこそバイク整備だ!(嘘だ!)

労働者諸君、今日も元気に労働に励んでいるかね?(寅さんのモノマネで)
私は休みだったよ!世間様が働いている間に、バイクを整備する優越感。イヒヒ。

・・・え、エアコンのきいたオフィスの方がいい?
そうね、ほんとそうね・・・・。
今日も灼熱の一日でした。

150805エアフィルター清掃
そんなわけで、今日はエアフィルターの続き。
乾いたエアフィルターにオイルを塗るわけですが、(英語の説明書と格闘しながら)え、なになに、プリーツの頭に適量垂らしていくと。

なんで袋の中でやっているのかというと、今日は風が強かったのでほこりがつかないように、です。

150805エアフィルター清掃
オイルは紫色(説明書ではレッド)なので塗った個所がわかりやすくなっています。

150805エアフィルター清掃
塗り終えたら20分放置。
塗ったオイルが毛細管現象で隅々までいきわたるのを待ちます。

150805エアフィルター清掃
というわけで完成!

150805エアフィルター清掃
この穴にエアフィルターを入れて、3か所のボルトを締めれば完了。
もちろん穴は、入れる寸前まで塞いでおきます。ゴミが入らないようにね。
それにしても汚い。なので、ここからは手の入るところを丁寧に拭いていくことにしました。

150805エアフィルター清掃
タイミングベルトのカバーも外して、洗浄&ワックスがけ。
外装とタンクをはずすと、普段手が入らないところも掃除できて本当にうれしい。

ちなみにぶら下がっているのはレクチファイアー&レギュレーターです。
オルタネーター(交流発電機)から来た電気を直流化するのがレクチで、電流を平滑かつ定電圧化するのがレギュレーターです。
古いモンスターはシート下にこれがあったらしく、過熱で壊れてしまう現象(よくいうところの「パンク」)があり、ここに移設されたらしいです。

これを固定できればここのカウルいらないんだけど、イグニッションコイルが丸出しになるしなぁ。
イグニッションコイルはプラグへ送る電気の電圧をあげる装置ですね。
最近、電装の知識を蓄えております。
タンクを剥がしたらいろいろとわかってきました。

150805エアフィルター清掃
タイミングベルのカバーをはずしたら、こんなの落ちてきた。なんだこりゃ?

150805エアフィルター清掃
調べたらタイミングベルトカバーを留めているボルトと一緒にして、コードを固定するステーでした。

あとは外装にバリアスコートの重ね塗りをして、今日は終了。
暑かった。今日も暑かった。
疲れたけれど、仕事とは違う疲労感がよろしいです。

次のメニューは、
 ・外装取付
 ・排気系耐熱ワックスがけ
 ・べダル類グリスアップ
 ・レバー類グリスアップ
 ・チェーン清掃&注油
 ・ウィンカーステー部品注文(店まで行かないとだめなんだって)
 ・ウィンカーステー部品が届いたらリア周り清掃
それが終わったらいよいよバックステップをつける準備をしなきゃいけないし。
まだまだ完遂まで遠いなぁ。

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2