Monster696、3回目の車検を通しました。

今日は家事をがんがんやりまして。
それから車検に出していたM696を迎えに行きました。

ドッグハウスさんでは車検以外にいろいろとチェックもしてくれて、助かりました。
そしてご指摘をいくつかいただきました。

1.タイミングベルトが寿命
 私は走行距離からまだいいや、と思っていたのですが、このパーツは走行距離よりも素材の経年劣化の方が重要とのこと。
 2年が目安。たしかに今現在で2年半経っていました。
 これはドッグハウスさんに注文。届いたら交換をお願いすることに。

2.プラグ交換
 後ろのシリンダーのプラグがかぶり気味だそうで、プラグ交換をしてもらいました。
 理由はきっとバッテリーの寿命。FIはバッテリーがちゃんとしてないとダメ、とのこと。
 そう、このバッテリーはもう4年使っています。
 前回は始動にてこずったりしてから交換したのですが、今回はそんな現象がなかったので、まだ使えると思っていました。
 帰宅してすぐに通販でバッテリーを注文しました。
 ちなみに2気筒エンジンにリチウムイオンバッテリーは合ってないみたいだそうです。

3.経年変化にあった扱いを
 帰ろうとしたらこれまでなかった始動不順。
 このところの寒さでバッテリーが急激に劣化したのかな?
 こいつのチョークレバーはキャブレター車とは違うこと、もう4万キロ近く走っているので、新車時の感覚で扱わないで、アクセルで適度な回転数で始動するなどのコツを覚えること、と指導を受けました。


プロフェッショナル、さすがです。
自分では整備の見極めすらできていません。

M696に関してはもやもやを感じているんですよね。
そのもやもやの正体は、経年劣化による信頼性の低下なのでしょう。
忙しいこともありましたが、だからツーリングへ行かなくなったのだと思います。

バイクに乗らない人にはピンとこない感覚だと思いますが、わかるんですよね。意識しないレベルでそういうことが。
たとえばタイヤを高性能化したら自然とコーナーリングや加速が鋭くなったり。
違和感を感じたら回転数を落としたり。
そう言うことを考えると、バイクって本当に人と一体化して楽しむものなんだな、ということにあらためて気づかされます。

まだ6年で約3万7千キロですが、はじめてのバイクで随分苦労させたこともあり疲労が大きいようです。
また、自分が運転に慣れたことにより、昔以上の負荷をバイクにかけていることもあるのだと思っています。
さあて、次の車検はどうするかな。
でも、まだまだこれに乗りたいのが本音です。

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2