伊豆 矢筈山(やはずやま)登山

本日は、歩き友達のU氏のお誘いで登山をしてきました。

160103伊豆 矢筈山
朝4時起きで始発に乗り、新幹線で熱海まで。
そこから伊東線で伊東駅で合流。
小田原のマンガ喫茶とかで寝るなら、新幹線使った方がいいや、と思いまして。

160103伊豆 矢筈山
本日の目標。矢筈山(やはずやま)。
実は活火山です。

【伊豆の低山を歩く ジオてくの楽しみ(1) 伊東・矢筈山】
http://izu-np.co.jp/feature/news/20140516iz0004000133000c.html

160103伊豆 矢筈山
矢筈山、孔ノ山(あなのやま)、岩ノ山で火山列を形成しているそうです。
約2700年前にできた伊豆では一番新しい火山群です。
ちなみに大室山は約4000年前。

160103伊豆 矢筈山
鹿路庭(ろくろば)峠の登山口からスタート。
登山者はほとんどいないため、道があるようなないような・・・

160103伊豆 矢筈山
突然窪地の湿地帯に出ました。
沢が流れこんでいますが、出る川はなさそう。
ここで地中に吸収されているのでしょうか。

160103伊豆 矢筈山
孔ノ山山麓。
この火山列は、この地域でも珍しく、溶岩の粘性が高いそうで、そのため、噴出した溶岩が上に重なることで溶岩ドームを形成しているということです。

ちなみに、沢の土がえぐれている部分は、野生動物(きっと猪)のヌタ場(泥場)だと思うのですが、どうでしょうか。

160103伊豆 矢筈山
更に進むと突然盆地に出ました。
枝払いされてる?人工林らしいです。

この盆地も出る沢がなさそう。
相当の水量が流れ込むはずなのだけど、溶岩によるためか水はけが良い?
かつて山麓には大きな池があったそうです(干拓されて田になっています)。

160103伊豆 矢筈山
盆地を抜けると急斜面。
一応善意の方による標識があります。

160103伊豆 矢筈山
富士山が見えました。

160103伊豆 矢筈山
もうほんとに急な坂道でございました。

160103伊豆 矢筈山
と思ったら今度は岩場(苔付)だ!

160103伊豆 矢筈山
道なき道のルートの目印は、こういった善意の方々による目印。
でも、ときどき見失ったりして右往左往します。
独りで行くのはやめた方が良いと感じました。途中、けっこう危険です。

160103伊豆 矢筈山
山頂近くの見晴らしの良い場所から大室山と相模湾を見下ろします。
大室山は日本を代表するスコリア丘のひとつ。

160103伊豆 矢筈山
頂上。816m。
でも、上記の通り、ルートはバラエティに富んでおり、また結構登るのが大変なので、充実感が高いです。

ちなみに、今回はわかりませんでしたが、熱気の噴出孔があるらしいです。

160103伊豆 矢筈山
下山途中でお食事タイム!
手慣れたお二人にまかせっきり。すみません・・・

160103伊豆 矢筈山
山の中で食べるとどうしてなんでも美味しいのでしょうか(答え:お腹が空いているから)。

この後山を下りて、温泉に入って、一杯やって解散~。
非常に楽しく珍しい体験ができました。

Uさん、Cさん、ありがとうございました。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2