それは美しい

本日は雨。
バイクに乗れないし、いじることもできないので、行ってしまいました。
クシタニ( http://www.kushitani.co.jp/ )のショップへ。
試着してしまいました。レーシングスーツ。

ご存じない方のためにざっと説明。
クシタニというのは、ライディングウェアでは日本最古参と言ってよいメーカーであり最高級ブランドです。

まず、初めて着たレーシングスーツの感想。
これはもうね、カプセルですね。ライディングというスポーツに特化した。
着るのも脱ぐのも慣れるまで大変(威嚇するペンギンみたいな動作をして着たり脱いだりする)。動きはかなり制限されます。普段着るライディングウェアとは全く違うものです。
でも、ライディングという点では非常に動きやすいし、転倒時の身体の動きまで計算されたつくりになっていました。

つぎに、クシタニというメーカーについて。
確かにお値段は高いです。今日着た「ネクサス」というモデルは30万円。
しかし、高度なフィッティング、アフター、それらのサービスを考えると決して高くない気がしました。
フィッティングが相当に難しいのです。
あとは積み重なった経験からくる細かな仕様。裁断と縫製の品質。

昨日、プロテクターがプアだと書きましたが、確かにプアでした。
でも、コミネとは根本的に思想が違うんですね。
お店の人に言わせると
 ・安いブランドの製品もMFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)公認であり安全性は変わりないのではないか
 ・でも、通販などで安いものを買って、身体にフィットさせるのは難しい 
 ・クシタニのフィッティングスタッフが選んで調整した製品ならばライダーのスキルを制限することはない
 ・プロライダーに提供するものをそのまま売っているのはクシタニだけだと思う
 ・スポーツライディングにおいて転倒はするもの。安いブランドは使い捨ての思想。しかしクシタニは転倒を前提に作ってある。体型が変わらない、よほどのダメージでない限り一生使える
とのこと。

しかし、なんと言っても、一番の良いところは・・・美しい。
スーツに限らず、他の公道用ウェアも、シルエットがね、もう、あなた。
さすがは日本製。今時ありえなくらいものすご~く日本的なメーカーです。
そのブランドとしての価値も含めて、応援する意味も含めて、大枚払いたくなっちゃいましたよ。
もう、中国製に飽き飽きしてるんです。私は。

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2