期待されすぎて可哀そうなX-2タンの件

160130 X-2
先日、防衛装備庁が「先進技術実証機」を公開しました。
やっと「X-2」というお名前もいただきました。
めでたい。
でも、その報道の過熱っぷりが、なんだか痛い

「『平成の零戦』雄姿現わす 米軍『第5世代』を上回る『心神』! 『軍事情勢』野口裕之記者特別レポート最新版」
http://www.sankei.com/politics/news/160128/plt1601280013-n1.html
「平成の零戦」?、「心神」?、「米軍『第5世代』を上回る」?


ハードルあげてくんな~。さすが産経。

そもそも、X-2タンは、実証機です。
「平成の零戦」でもないし、「心神」でもないし、「米軍『第5世代』を上回る」こともないです。ハイ。
皆様のご期待にそえなくて残念ですが。

X-2タンは、日本にとって「戦闘機作ろっかな~?どうしよっかな?」という段階で、「じゃ、試しに最新の技術の実験してみよっか」という感じで作られたものだと思います。

実際のところ、本当に戦闘機(F3)を作るかどうか怪しいと、私は睨んでおります。

さて、じゃあなんでこんなもの作ったのか?ということを理解するには、背景を知る必要がありますです。
現在、日本の戦闘機っぽい飛行機は以下の通りです。
160130 X-2 F-15
F-15J/DJイーグルたんが、201機。

160130 X-2 F-2
F-2A/Bタンが92機。

160130 X-2 F-4EJ改
F-4EJ改ファントムたんがだいたい54機。

どの子も本当にかわいいですね。自衛隊最高!
とまぁ、あわせて347機あることになります。
でも、問題があります。
イーグルたんの約半数は近代化改修できない機体で、ミサイルも古いのしか撃てないし、レーダー等の電子装備が古いままなのです。
さらにファントムたんは、1971年導入開始というもうおじいちゃんです。
なので実質的戦力は、347機のうちだいたい半数と言われております。

そこで、ファントムおじいちゃんの代わりにアメリカからF-35A「ライトニングたん」という最新鋭機を買うことにしました。
160130 X-2 F-35
合計42機を買うつもりで、今年やっと4機やってくる予定です。
この子の開発が遅れに遅れたため、ファントムおじいちゃんは引退できなかったのでした。

で、めでたしめでたし・・・とはいかないのです。
イーグルたんも実は1983年導入という、もうおじいちゃんなのでした。
「ライトニングたんをその分買えばいいじゃない」というあなた、するどい。

実は戦闘機にもいろいろありまして。ライトニングたんはマルチロールファイターという「なんでも屋さん」的戦闘機です。
戦闘機を相手にしますし、対地攻撃も、対艦攻撃もします。
それに対し、イーグルたんは「制空戦闘機」つまり、対戦闘機専門なのです。
つまり、日本としては、戦闘機を相手にするスペシャリストが欲しいのです。

ほんとは、イーグルたんの後継にアメリカのF-22「ラプたん」という飛行機が欲しかったのです。
160130 X-2 F-22
この子はすごいです。
その名も「航空支配戦闘機」という、なんという中二病的ネーミングな、これまでなかったカテゴリーにされています。

圧倒的な能力を持っています。今後数十年、この戦闘機に勝てる相手は現れないでしょう。
ライトニングたんは、実はこのF-22ラプたんの支援戦闘機なのでした・・・

ラプたんが欲しい日本はアメリカ兄さんに訴えました。

日本「ねえ、アメリカ兄さん、僕にラプたん売ってよう」
アメリカ「ん~、ブラザー、君にはまだ早い。もっと大人になってからな」


ということで売ってもらうことができないまま、生産終了になってしまいました。
これは日本にとって衝撃の事態でした。アメリカ兄さんは僕にだけはラプたんを売ってくれると信じていたのに・・・信じていたのに・・・

そこで、「ないなら自分で作ってしまえ」ということに・・・
いや、本当は、アメリカ兄さんに対して「主力戦闘機を売ってくれないなら、ぼく、自分でつくっちゃうよ。いいんだね?本当にそれでいいんだね?」
という極めてダチョウ倶楽部的な姿勢で、次期戦闘機開発をしている・・・のだと思います。

でも本気で開発はしてますよ。だってアメリカ兄さんは次に開発する主力戦闘機も売ってくれないでしょうからね。
その「保険」の意味でX-2は作られたのだと思います。

じゃあ、日本が戦闘機を開発したとして、いきなりアメリカ兄さんに勝てる戦闘機を作れますか?
なにより、莫大なコストがかかるし、いずれはドローンの時代になると思うので、出来た途端に時代遅れなんてことも・・・

というわけで、X-2のニュースはまだまだあたたかい目で見守るべき段階なのに、マスコミがやたら期待を盛り上げんのよね~。
最近テレビで「ニッポンってすごい国」的な恥ずかしい番組が流行っているのも含めて、なんかもう、だめっぽい、いろいろと、と思っています。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

独り立ちしかけの子供が自慢げに鼻息荒くしてるような雰囲気ありますね日本
今後も現実の壁にぶちあたっていくんでしょうが
末端の人間としてはそのときに割を食わないように立ち回りたいもんですね

Re: No title

> tetsuo さん
私はどちらかというと、今の日本に「昔のオレってすごかったんだぜ」と昔を振り返る老人みたいなイメージを持っています。
もはや日本は斜陽の国なんですよ。
GDPは既に中国の半分。( http://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=NGDPD&c1=CN&c2=JP )
なのに誰もその現実に目を向けない。知ろうともしない。テレビはこの現実を国民に伝えるべき。

「ああ いやだねえ こんな風にめそめそ滅ぶ国は パッと燃え尽きちまえよ」by織田信長
平野耕太さん「ドリフターズ」より
プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2