ふりだしにもどる(レーシングスーツ編)

今日は春一番ということでしたが、実際はひどい嵐で午前中は身動きがとれず。
午後から晴れてきたので、注文していた部品を受け取りに電車で出かけ、帰りにレーシングスーツの店に寄りました。

セパレートタイプのレーシングスーツが欲しいとお伝えしたところ、店主さんは苦い顔。
セパレートはかっこ悪い、とのこと。
かっこいいか悪いかを決めるのは客でしょう?と抵抗感を感じたのが相手に伝わったのか、「どうして?」という話になり、「自走しなければならず、利便性を考えるとセパレートが便利だろうと思った」ということと、経験や使うバイク、使用頻度などをお伝えしました。
それでもらった意見をまとめると。

・セパレートは安全性に劣る
・セパレートは競技に出られない
・実は便利でもない
・サーキットに短パンとサンダルを持って行けば、乗らない間は楽に過ごせる
・クシタニにあるようなジャケットとパンツが一体化するものの方が、それぞれ別個に使えるし、ツーリングにも使えて便利

とのことでした。
しかし、それ以上に言われたのが自走に関してでした。

・サーキットは転倒するのが当たり前と考えるべき
・転倒するとたくさんの人に迷惑をかける
・バイクが壊れても身体が大丈夫なら帰れるようにトランスポーターはスポーツマンとして社会人として用意すべき
・できれば万が一の時の対応を考えて複数人で行って楽しんでほしい
・経済的に厳しいのであれば、小排気量のバイクを買って小さなサーキットで楽しんでみれば?トランポも小さくて済むし
・レーシングスーツはレンタルもあるし、安いものでもMFJ公認であれば安全性は確保されている、頻度が少なくて競技に出ないのであればそこからはじめてもよいのでは

とのことでした。
仰ることはごもっともだと思います。
そこで「どうして自分はサーキットに行きたいのか」を根底から思い返してみました。

多くの人から言われるんですよね。
「まだこのバイク(M696)に乗るの?」「もう乗り替えたら?」と。
でも自分にはまだこのバイクを生かし切れていない気持ちがあって、それがひっかかって、乗り替えられないのです。
言い方を変えると「まったく飽きていない」ということなのです。


一方、soloのときは、「やりきった」感がありました。
2度も北海道ツーリングをしたし、峠道でバトルごっこをして目標のモンキー改についていけるようになったし、改造も「これ以上やったらsoloじゃなくなるな」というところまでやってもらいましたし。
それで大型免許をとってM696を買ったわけです。
soloは「足」にするつもりが、最近は別の楽しみで乗っていますが・・・


そしてM696に乗ってきて、次のステージはサーキットかな、と思うようになってレーシングスーツを探していたわけです。
体験走行をしてみて、サーキットでないと、M696の性能は生かし切れない感じがしたのですね。
というより公道が怖くて、バイク仲間みたいに速く走らせることができなかったのです。

でも、今日もらったアドバイスは、なんというか、「サーキットで走る」という理由の根本が私と違う気がして、自分が悪いというわけではないのですが、どうも自分のエゴとそれによって自分の周辺にかかるリスクが見合わない気がしてきました。
そのリスクを回避するにはたくさんのお金が必要だということです。

きっと、自分のスキルにとってM696の排気量は大きすぎたのでしょうね。
なので、一から考え直してみたいと思います。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うーん・・・お店の方の意見は確かに正しいけれど。
でも果たしてそれだけが正義で、他の考え方は全て間違っているのか?

いささか考えさせられる内容ですね・・・。

かつて先輩がレーシングカートを買った時も、自身は純粋に
「カートの走りを楽しみたい→その場所がサーキットしかない」
という考えだったのに、そのうち購入したお店のご主人から
「レースに出て勝つような目標がないなら止めろ」的な説教を
受けて嫌気が差し、彼は一年ほどで売り払ってしまいました。

ルールやモラルの線をどこに引くのかが悩みどころだけれど、
自分は「もっと自由でイイんじゃないの?」と思います。

実際、サーキットでオーナーズ・ミーティングを開いていて
自走組もサーキットランを楽しむイベントだってあるわけで。
ゼロ・スタートの時点で何もかもフル装備を求める敷居の高さは
あまり健全に思えないんですよね・・・。

愛車の性能を試したい、それを体験しながら乗り手も成長したい。
その舞台をサーキットに求める事の何がいけないんだろう・・・と
首を傾げる自分なんでありますよ。

Re: No title

> こんのすけ さん
まあ、正義はあちらにありですよね~。
「俺達は命かけてんだからな!」と言われたら、もうそれまでで。
どこ行っても職人鍵な偏屈な人ばかりで、嫌気がさしてきています。

年をとってからなにかはじめるのって、本当に大変です。

はじめまして。

わたしはディーラーの走行会に当時の愛車Speed Tripleで自走で行きました。ツナギは用品店で吊るしの普通のやつでした。

今はブランクもあって、リターンライダーでXTZ125でも楽しいんですが、やっぱりサーキットデビューは敷居が高かった思い出があります。

頑張ってください!

Re: タイトルなし

> まき さん
はじめまして。ありがとうございます。
もう高級店に行ってもあまり良いことがないので、用品店で買おうかな、と考えています。
やっぱり走行会などから始めた方がよさそうですね。

私もオフを走るんだったら、80cc~125ccくらいのからはじめたいです。
この前乗ったのは80ccだったのですが、あれで十分だなぁ。
プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2