まんが日本250ccバイクちょっと昔話

正直、昨日のレーシングスーツ屋さんでのやりとりもあり、がっかり気分の週明けでございます。
出入り業者のスズキのイントールーダー250(不相応に高かった不良品の中古。やっとまともに走るようになったらしい)に乗っている若い人から言われました。

「イントールーダー、遅いっす。速いのないスか、250で?」

そんなこと言われてもわからん。いいんじゃないの~、最近のならどれでも。
「なんでCBRは単気筒なんスか?」
知らん。ホンダに聞いてよ。
そこで昔話をしてあげた。

======
(悦子ボイスで)むか~しむかし、日本政府の悪巧みにより400cc以下のバイクが駆逐されてしまった時期があった。
バイクメーカーも「今の時代大型免許が簡単にとれるし、400cc以下のバイクなんて誰も買わないよ」と諦めておった。
そこに彗星のごとく現れたカワサキ国の王子様。それがフルカウルをまとった「ニンジャ250R」じゃった。
乗りやすさとカッコよさで一気に人気者となったのじゃ。
まさに250ccクラスの救世主じゃった。

もちろんそれを指をくわえて見ているホンダではない。ホンダも250ccのフルカウル スポーツバイクを投入したのじゃ。ニンジャのように乗りやすい初心者に優しいバイクじゃった。
しかし、ニンジャに敗北する理由があるとすれば、ニンジャが2気筒じゃったのに、なぜかCBRは・・・

単気筒じゃった。
おまけにパンツ目じゃった。

・・・ホンダはなにを考えておったのじゃろうか?それはホンダのみが知ることじゃ。

時は流れ、満を持してヤマハもYZF-R25を投入する。
クラス最高のパワー、イージーな乗り味のCBRやニンンジャよりスポーツ性能に振った個性、なによりカッコよかった。
R25はついにCBR250やニンジャ250を敬遠していた古いバイク乗りにも好評を得たのじゃ。
さらにカワサキはよりスポーツ性に振ったニンジャ250SLを投入する。
ここに250cc戦国時代の幕開けとなったのじゃ。

ホンダももう黙ってはおられん。
CBR250RRを投入するという噂じゃ。
乞うご期待じゃな。

めでたしめでたし。
======


しかし、彼はスズキ乗りであった。
「待って。ちょっと待って。スズキは?ねえスズキは?」

そうじゃのう、忘れとったわ。
GSR250というバイクがあっての。
人気じゃな。
低重心が安定感を生み、そしてなにより便利なセンタースタンドもついとる。
ツーリングライダーのおぬしにぴったりじゃ。
アメリカの草レースでばんばん他車を追い抜かしている動画もみたことがあるしの。

(スマホの画面を見て)「かっこわるい」

馬鹿者!おぬしはそれでもスズキ乗りか!
スズキ乗りなら、これを見てニヤけがら「これはスズキしか作れねぇ」とか悦に浸るくらいでなきゃならん!

「かっこわるい。中国製なんでしょこれ?」

そうじゃ、だがそれがなんじゃ?他のメーカーだってタイだのインドネシアだのじゃ。

「俺、中国人嫌いなんスよ」

中国人だって人間だよ、忌み嫌うのはよくないな(ユパ様ボイスで)。
そんなキミだからこそGSR250を買うべきなのじゃ。ほれ。

「かっこわるい」

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2