頭を冷やしてよく考えてみた

やっと頭が冷えました。こんなに怒りが続いたのは記憶にありません。
いただいた「自走の人もいる」「悪い人ばかりではない」というご意見を踏まえ、冷静に考えてみました。


【彼らは何に怒っているのか?想像してみました】
まず、ネットでもトランポ派の人が、非トランポの人をすごい勢いで攻撃しているのが見受けられます。
彼らは何に怒っているのでしょうか。想像してみました。
きっと彼らは0.001秒でもタイムを短くしたり、レースで勝ちたい人達なのだろうと思います。
====
そんな彼らが必死に練習をしていると、初心者がよたよた走っていて邪魔だ。
それだけならまだしも、転倒したりする。
自走してきたので、帰る方法もない。
しょうがないから手を貸す。
すると、大事な自分の練習の時間が無くなっている。
====
こんな感じなのだろうと思いました。
ならば気持ちは分かります。


【でもだからと言って】
トランポを強要したり、初心者を恫喝する理由にはなりません。
サーキットの条件にもトランポを使うこと、などとは書いていないからです。
サーキットも商売なので、それではお客が集まらない、ということがあるのでしょう。
そのあたりの不備を、ベテランが埋めている現状が問題なのだと思います。


【自分のこととして考えてみます】
もし、転倒したらどうするのか。
救急車に運ばれてしまうような状況であれば、もう仕方ありません。
大枚はたいてお金で解決、です。

できるだけ転倒しても怪我しないようにスーツとプロテクター、ヒットエアーやネックブレースも投入します。
それで怪我を回避できたとしても、バイクが動くか乗れなければ帰れません。
その時、同行者でなくても、助けを求められる人がいればよいのですが、私にはいません。
きっとここが他の人と私の違うところです。

そう、私こそトランポが必要なのです。残念なことに。

なんとしても一人でバイクを積んで帰って、バイクを下して、レンタカーを返さねばいけません。


【私はトランポを使えない】
レンタカーを借りたとします。
家の近くに一時停車できるところがありません。
軽自動車ですらすれ違えない場所なのです。

それでも、広い道にクルマを停めて(違法駐車で)、そこまでバイクを引いていくとします。
行きはよいです。
帰ってきて、へとへとでそれができるか・・・。

そしてレンタカーを返して、駅まで歩き、電車に乗って、最寄駅からまた歩く。
帰ってきてからバイクや機材の片づけです。
ラダーレールを2階の自分の部屋まで持って行かねばなりません。
現実的ではないな、というのが今の印象です。


【どうすればよいか考えてみる】
それでも走りたければどうするか。
サーキットへはクルマで行く必要がある。
それはレンタカーで何とかするとしても、トランポとしては使えない。

ならばバイクを現地で借りるのです。
幸い、トミンモーターランドではレンタルバイクがあります。

スーツは…レンタルしてもよいですが、買えば走行会などで利用できるので買ってもよいかもしれません。

○レンタカーで現地へ行く
○バイクはレンタルする
○スーツはできれば購入、プロテクター&ヒットエアー装備。

これが私の考えた、今のところの最適解です。
本当は袖ヶ浦フォレストレースウェイで、M696を走らせたかったのですが、装備を完ぺきにできない以上仕方ありません。
そちらは走行会を探して、自走するしかありません。

とりあえず、これで一度やってみようと思います。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

お節介ですが・・・

なお さん はじめまして。

紅茶とお菓子を訪ねていたらこのブログに辿り着きました。

サーキット走行の件 私にも経験があります。
レーシングスーツも職人気質の専門店でなくともMFJ公認で既製品でしたら用品店で安く売ってますよ。
サーキット走行もランクや体験走行やレベルを選べば良いのではないでしょうか?  トランポが有っても無くても転倒すると対処は出来てもケガや損失はかわりませんから、ツーリングで峠を走ってレンタカーを用意しないのにサーキット=転倒って考えてしまいがちですが、自分の力量と限界点を知ってそれに見合った走りをすればサーキットの方が一般道より確実に安全です。他の走行者の迷惑にならないか心配なら、
私の場合は走行前にピットに言って 遅くて迷惑かけますが
ストレートに来たら左端を走行しますから右から抜いて行って下さい。と話したら皆さんはそうしてくれました。遅い人に目くじら立てて邪魔だ!と言う人ほど案外レベルは低かったりします。上手い人は綺麗にサっと抜いて行ってくれます。イライラした人が強引に抜いていくのが一番危険です。抜くのも技術ですが上手く抜かせるのも技術です。バイクの狭い世界って一部の常連やベテランが閉鎖的に居座ってる事ってよくありますよ。ベテラン=上手いから封建的になりがちですがただ新芽を摘んでるだけでもあります。どうか一部のつまらない人のために自分の楽しいバイクライフを諦めないでください。

お天気の良い日にバイクを眺めて紅茶をのんでケーキを食べえる最高ですね。

Re: お節介ですが・・・

> 新月さん
ありがとうございます。とても参考になります。

できたら、何点か質問させてください。
①どうしても人に迷惑をかけないことを優先する性格なので、「人に迷惑をかけるな」と言われてしまうとトランポは絶対必要なのだろうかな、と思っております。「人に(できるだけ)迷惑をかけない」という点で、バイクがだめになっても帰ることができる手段は必要かな、と思うのですが、皆さんどうされてるんでしょう。
②それと、安いレーシングスーツは転倒すると破れるとネット上で見たのですが、実際、そんなことあるのでしょうか。

バイクを眺めながら、美味しい紅茶とお菓子をいただけるお店がなくて・・・
コーヒーも好きなのですが、実は紅茶党です。
朝は必ず紅茶です。

ふむー。

こういうお話を読むと、「自分は恵まれているなぁ」と思います。

①出たことのある原付レースは、友人と組んだ三時間耐久
(↑二回共「ペアを組む相手が俺しかいなかった」友人所有車)。
②そのレースは怖ろしい事に、拾ったスクーターとジーパンと
ジェットヘルがあれば誰でも参加出来る(!)。
③田舎なので、積み込みはおろか激安軽トラを飼っておく場所も
なんとかしようと思うとなんとかなる。
④なんなれば「俺が一緒に積んで持って行けるから、レーサー
作って参加しよ?」とまで声が掛かる(これ以上飼えないのに)。

さてなお。さんのお話を通して聞いていて感じたのは②について。

このレースの主催者さんの趣旨は、「原付の運動会を楽しもう」。
とにかく間口を広げ、バイクを軸に気楽にワイワイ遊んで欲しい。
だから(今の時代としてはとんでもないリスクを背負ってでも)
参加者を信じて何年も開催を続けているし、運営にクレームもなく
毎回パドックから溢れるほどのエントリー数を記録しています。

「自走orNOT」「自分の所有車両の実力を試したい」という軸から
話がズレてしまいましたが。
「こうでなければならない主義」な人々とは真逆なスタンスのこの
イベントの素晴らしさを知っているからこそ、なお。さんが接した
関係者のアタマの固さと上から目線なスタンスに強く疑問を
感じた次第なのです。

まず楽しむことがあって、そこから上に行くには揃えるべき物が
少しずつ増えるよ・・・というのが、どんな趣味でもスポーツでも
自然な流れなんじゃないのかな。
昨年始めたトライアルの師匠もまた、そういう思想を持って誘って
くれたから、入門する事が出来たのだけれど。

迷惑をかけない

なおさんの考え方は立派ですよ、いい大人が自分の趣味に没頭するあまり他人の迷惑に気が付かない人は多いですからね。

① まずトランポで来ない事が迷惑なのではないのです。走行に対する技術、準備、装備、走行マナーが不十分な上に自己管理を超える走りをした結果 事故や転倒に至るのが迷惑なのだと思います。
コース上で転倒すれば事故処理や救急処置はサーキットスタッフや走行会の主催者がヘルプしてくれるはずです。<料金の一部と思えば> 大ケガをしても救急車は呼んでくれるはずです<何のためのサーキット!>自走不能で帰れなければ事情を話してサーキット側に預かってもらい後日引き取りに行けばいいと思います。きっと過去に実例はあると思いますから、
サーキットを走るのは公道よりはリスクは少ないと思いますがリスクが少ないから全開全力で走って転倒が心配・・・・と言うのは
少々せっかちな考えだと思いませんか?初心者クラス、とかインストラクター先導付の体験走行とかミニサーキットに行って経験を積んでからでも遅くはないと思います。まずは速く走る事ことより転ばない事です。万が一・・と心配でしたら前記にも言ったように峠ツーリングや高速ICの高速カーブの方がよほど転倒リスクは高くありませんか?

② レーシングスーツですが実際に私は着用して転倒した事がないので分かりませんがMFJ公認のタグがあるものはヘルメットにもMFJ公認ステッカーがあるように信用する??逆を言えばほとんどのサーキットはMFJ公認のものを義務化してますから。
そのレーシングスーツを破いた人はどんな速度でどんな転倒をしたのでしょうか。

ブログを拝見したところ袖ヶ浦フォレストで練習されてるのですね。羨ましい!

Re: ふむー。

> こんのすけ さん
ありがとうございます。
こういうのは縁なのだと思います。
あとバイクは確実に田舎が有利です。
とにかく土地!土地がないと!
(私は中途半端な田舎なのです)

サーキットには競技的な結果の上下で生きる、しかも人生をかけて、なんて人達もいるのは想像に難くないので、仕方ないんじゃないかと思います。
サーキットへ行くとして、そんな人たちと関わりたくない、という気持ちはかなりあります。

Re: 迷惑をかけない

> 新月 さん
なるほど~。ありがとうございます。

特に転倒するかしないか~、なんてギリギリを狙うつもりは全くないです。
体験走行は、筑波1000を2回。袖ヶ浦を3回。フリーはトミンAコースを1回。原付でトミンBコースを1回、です。
まだ体験走行が足りませんでしょうか。
そろそろフリー走行の時期かな、と思っています。
トミンはもうライセンスを持っていて、いずれは袖ヶ浦も取りたいです。

袖ヶ浦のレストラン、テラスの柵がコースを見るのに邪魔でもったいないのと、美味しい紅茶とお菓子でもおいてくれれば最高なんですけどね~。
プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2