誰もとりあげないであろうキャラについて語る(ちかちゃん編)

全日本のちかちゃんファンの皆さま、お元気ですか。
突然ですが、きょうは誰もとりあげないであろう、ちかちゃんというキャラについて語ってみたいと思います。

えっと、ちかちゃんは、志村貴子さんの「こいいじ」というマンガに出てくる脇役です
志村貴子さんは、だめ人間を描かせたら世界一で、この「こいいじ」の主人公、まめちゃんもだめ人間です。
160220こいいじ
どういうふうにだめかというと、初恋をこじらせすぎています。
幼なじみの聡(そう)ちゃんが大好きで、彼が結婚しても、引きずり続けます。
なので、せっかくよいお相手の男性が現われても煮え切らず、おまけに奥さんと死に別れた聡ちゃんにアタックする人物があらわれました。なんと実の姉でした。ぎゃふん。
どーすんだよ!?まめちゃん!


で、ちかちゃんというのは、聡ちゃんの弟、シュン君の奥さんです。
いたって普通っぽい女の子です。

ぜんぜん、まったくの、完全に脇役です。誰も語りません。

でも、私は大好きなんだ!ちかちゃんが!
そこで、私はなぜちかちゃんが好きなのか考えてみた

ちかちゃんは、(いまのところ)2つの話だけ登場しました。しかも、まめちゃんとはほとんど関わり合いがありません。
主人公であるまめちゃんの恋があらゆる方面で泥沼化してきたときに、あるエピソードの主人公として再登場です。

なぜ、そんな人物の話が一話も割かれたのか?

この子は、「初恋(すみません、正確には一目惚れでした)を成就した」という、まめちゃんのカウンターと言えるキャラなのです。

ちかちゃんは、シュン君とは10近くも年が離れている若い子で、シュン君にべたぼれです。
160220こいいじ
志村作品にはありえないハートが飛びまくっています。

実のお母さんにも、
「あれじゃ はじめてできた ボーイフレンドだわ」
「若いねえ…ありゃ どっちかつーと “幼い”だわ 恥ずかしながら」

と評されるほど。

なんだか、もう、かわいらしくて、もう、なんていうか・・・

「(赤面しながら)見てるこっちが恥ずかしいわ~、こぉのバカヤロー!バンバン!(←机をたたく音)」

という感じなのです。
これで旦那さん(シュン君)も同じだったらバカップルなんですけど、シュン君はそこは大人ですから。そんなお嫁さんにとてもやさしいのです。

そんなシュン君ではありますが、聡ちゃんは、シュン君とまめちゃんがくっつくものだとばっかり思っていた過去もあり・・・まめちゃんにもその自覚があった過去もあり・・・もし、まめちゃんがちかちゃんの位置にいたのなら、今頃幸せだったのはまめちゃんだったのでしょうねえ・・・

なんともトホホですなぁ。

私、なんか、もう、だめな恋バナなんて読みたくない年になってしまったのかもしれません。
普段はマニアックなマンガ雑誌での連載が多い志村先生ですが、この作品は「Kiss」なんてド直球女性向けマンガ誌連載だけあって、テーマは恋愛であるのに、その内容はつくづくいつもの志村節。
これだとラストもいつものとおり、「無常な現世(うつしよ)は続くのであった」という感じで終わりそうです。

だからこそ、だからこそ、幸せいっぱいなちかちゃんが、せめてもの救いのような気がしてですね・・・

・・・ええ、主人公の恋について身に覚えがあるんですよ!(涙)

まめちゃんの不毛な恋よ、永遠なれ!
ちかちゃんの幸せよ、永遠なれ!

こいいじ 1-3巻セット [ 志村貴子 ]

こいいじ 1-3巻セット [ 志村貴子 ]
価格:1,389円(税込、送料込)


テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2