わくわくするなにか

「細るバイク需要。国内40万台割れの衝撃」
 2016年度の国内バイク市場がついに40万台割れ―。3月半ばに日本自動車工業会(自工会)が発表した見通しに、国内各社は「厳しい数字」と一様に苦い表情を浮かべる。大型バイクの復調だけが明るい兆しだ。市場回復を目指し、大型車に乗るバイク好きを増やしながら、いかに小排気量帯でライダーのすそ野を広げるか。各社が知恵を絞る。

 16年度の内需見通し39万2000台(前期比2・7%減)に、カワサキモータースジャパン(兵庫県明石市)の清水泰博取締役は「現状から予想されるままの数字」と語る。記録の残る70年から現在まで40万台を下回ったことは一度もない。ピーク時の320万台超から落ちに落ちて、99年に100万台を割り、最近は40万台強をうろついていた。40万台割れは衝撃だが、避けられない数字だった。
http://newswitch.jp/p/4367



なんでだろうね~。
バイク、面白いよ。
まあ、確かにお金はかかるけれど。
それに、手間かかるし、金かかるし、雨に濡れるし、夏は暑いし、冬は寒いし、こければ死にそうな目に合うし。
でもね~、遊びなんてそんなものでしょ?
みんな、バイク乗ろうよ。

でも、ただ一つ気になることが・・・

衿沢世衣子さん「うちのクラスの女子がヤバい」より
160419 うちのクラスの女子がヤバい NSR

これ、つい先日出たばかりの新刊。
今の高校生の話なのに、なぜか欲しいバイクがNSRなのだ。
バイクマンガじゃない。衿沢先生バイク乗らない、きっと。
でもリサーチしたんだろうな、そうでなきゃ「ミニバイクレース落ちの中古」なんて台詞出てこないもん。

なぜだ?
バイクマンガでもないマンガでさえ旧車だ。2ストロークエンジンだ。
私にはわからない。
私は旧車に乗ったことないし、2ストロークエンジンの経験もないからだ。

なぜみんな旧車に乗りたがる?
ここにバイクが売れない理由があるはずなのだ。

表面上のスペックは環境問題も馬力制限もない昔のバイクの方が良いのでしょう。
でも総合的な性能からしたら今のバイクの方が上のはずだし、なによりタイヤ性能が段違いに良くなっているから、それに合わせた今のフレームの方が結局は良いはずなのだ。
それでも理屈じゃない部分で、老いも若きもみんな旧車に乗りたがる。
この誰もが過去に向いているというのが、基本的に不健全だと思えなくもない。
私が考えるに、だからバイクに誰も乗ろうとしないんじゃなかろうか。

メーカーに厳しいことを言うと、今のバイクじゃダメだってことだ。
理屈をどうこねようと、メーカーの完全なる怠慢。
わくわくするなにかを、バイクに。



【20日夜追記】
すみませ~ん。
19日の段階で下書きだったものがアップされてました。
もうこのまま載せときます。

【追記の追記】
修正しました。タイトル付けました。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2