トライアル世界選手権

昨日の話になります。
バイク仲間のSさんのお誘いで、ツインリンクもてぎで開催されたトライアル世界選手権 日本GPを見てきました。

トライアルというのは競技名です。
バイクの障害物競争なのですが、この「障害物」が普通じゃないのです。
見てもらうのが早いです。








超人的妙技を駆使して、コースをクリアしていきます。

レースと違って、スピードではなく減点方式で競い合います。
足をつくたびに減点です。両足をついたらアウトでマイナス5点。

短いセクションが昨日は12か所あって、それを1日かけて、3回まわります。
その減点の総数で順位を決定するのです。

参加選手を見ると西ヨーロッパ、ドイツ、イギリスで盛んな競技みたいですね。

私も初めての観戦でしたが、とても楽しめました。
レースにありがちな微妙な駆け引きだとか、ライダーやチームの背景だとか、難しいルールだとかを理解しないでも楽しめますし、なにより競技している選手との距離が近くて迫力があります。

動画の藤波選手ほどのトップライダーとなると、その技術は参加選手の中でもぬきんでているのですが、そんなライダーでもやっぱり失敗するんですよ。
それでも、全ての選手が長丁場でも集中力を切らさず、果敢に挑戦し続ける姿に心を打たれました。
藤波選手は、20年かけて300戦を闘い続けているそうです。
奇しくもこの日が300戦目。
この日の順位は3位。
久しぶりのスポーツ観戦でしたが、プロスポーツ選手って、見るものに心の力を与えてくれますよね。
藤波選手だけでなく、参戦した選手の皆さん、これからもがんばってほしいです。

トライアル選手権、隠れたエンターテインメントですよ。
昨日はストライダーがメインスポンサーで、小さなお子さん向けイベントもたくさん開催されてましたし、家族そろって楽しめると思います。
ただ、山道を歩くのでトレッキング装備必須です。折りたたみ椅子も。

お誘いしてくれたSさん、本当に感謝です!ありがとうございました。

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2