青い春は何度でもやってくる

bice 「an apple a day」
パンク してる バイク 押しながら laughing
赤い マフラー なびく バックミラー
青い春は 何度でもやってくる


歯に仮でかぶせてあったアルミ製のパーツが取れてしまった。
これでガルバニー電流の苦しみから逃れられたのだけど、歯医者は「すぐ来てください」という。
行けるわけないじゃない。今日は特に忙しいのに。

でも、部下が「行ってください」と言ってくれたので、夕方からお休みをもらった。感謝。
今度の仮歯はプラスチックにしてもらった。

時間が余ったので、スーパーやドラッグストア、クリーニング屋さんに寄り、洗濯をして、夕食もちょっと手の込んだものをつくった。充実。すっきりした気分。アイロンがけもしよう。


でも、少しでも気を抜くと、何ともいえない、まるで小型機が急降下したときのような、小さな嵐のような、泣きたくなるような、そんな感情に心が支配されてしまう。
首を振って、それを考えないようにして、家事とかする。
仕事をしているときは、感情と意識を区別できる。簡単に。
でも、どうしていまはできないんだろう。

その気持ちに名前を付けるのは簡単だけれど、そんなことはしたくない。
どうしたらよいのかもわからない。
ただ、祈るだけしかできない。
なんでもない全てのことが祈りに繋がるような、そんな生活を送りたい。
きっと青い春は何度でもやってくる。
でも、そう歌ってくれたbiceさんは、もうこの世にいないしなあ。

bice 「an apple a day」

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2