習作だけにシュークリー・・・いや、なんでもないんだ・・・

160620シュークリーム
昨日の話になります。
思い立って、シュー生地を焼いてみました。
いつもより硬くて、小型にして食べやすく・・・
シュー生地はツンデレキャラなので、水分(卵)を入れるのを慎重に。デレ具合を調整。
実験と練習だったから飾りもしてないのですが、想像以上にうまくいき、クリームも作ることに。

160620シュークリーム
クレーム パティシエール、すなわちカスタードクリームです。
こうやってラップを密着させて冷ましますと、水分が蒸発で抜けず、結露もしません。
これをできるだけ早く冷やします。(私は冷却材を鍋の下に敷きました)

160620シュークリーム
クレーム パティシエールが十分に冷めたら、こんどはクレーム シャンティ、すなわちホイップクリームをつくって・・・

160620シュークリーム
投入!

160620シュークリーム
混ぜたのがこちら。クレーム レジェールと呼びます。
クレーム パティシエールにバターを入れるレシピ(クレーム ムースリーヌ)もあるのですが、それはシュー生地には重い気がしまして、わたくしはクレーム レジェールが好きです。
久々の割にはうまくいったじゃない。
バニラビーンズがなかったからバニラエッセンスで香りをつけたのですけど。

160620シュークリーム
充填したらできあがり。

う~む、ちょっと焼きが甘かったかな。
推測すると、生地が硬めで厚い分、もっと焼く必要があったんだ。
練習と実験の割にはうまい。うむ。

高温多湿の日本の夏はフランス菓子に合いません。
焼き上げた生地はすぐに湿気ちゃうし、クレーム パティシエールは食中毒の原因になりやすいし(冷やすと常温にしたとき結露で生地が湿気ちゃうのだ)、バターの可塑性を利用したパイやタルトは作りづらいし(つくりません)。

でも、がんばればつくりたてのパリッとした生地を食べていただけるのが、アマチュアの醍醐味ですね。
もらってくれた皆様に感謝です。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2