心が叫びたがっているんだ

「愚かでなければ 恋なんてしない」ボブ・ディラン

愚かでない人間なんているのでしょうか。
私は先日、過ちをおかして、ずっと引きずっています。
もう謝れないし、償いもできないのだから、終わったことと納得して生きるしかないと思ってはいるものの、後悔と罪悪感がべったりとコールタールのように心にへばりついて拭いきれません。
忘れてヘラヘラ生きられる性分ではないので、それが自分に与えられた罰だと思っています。
きっと、これまでの過ちと同じように、忘れたころにフラッシュバックして一生苦しむのでしょう。

それはそれでもう受け止めているのです。
ただ、今日思ったのは、世の中の犯罪とか、悲しい出来事って、こんな感じで起きることがあるんじゃないかな、ということです。

ただ、自分の悲しみや、寂しさを認めればよいだけなのに、
「自分はお利口さんなのだから」とか
「自分は大人なのだから」とか
「自分さえ我慢すればうまくいくんだ」とか、
そんな風に自分に嘘をついていると、突然、誰かを傷つけたりするのだと思います。

だから、いま、もしそんな人がいたとして、私が言いたいのは、誰かを傷つける前に、かっこ悪くてもいいから、素直につらい気持ちを認めよう、ということです。
それを認めて、やっと次の一歩を踏み出せる気がします。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2