かもねかもねそうかもね

160903 M696 バックステップ シート ラジポン
バックステップ装着後のM696のお姿。
それなりに雰囲気が変わった・・・かもしれない。

160903 M696 バックステップ シート ラジポン
バックステップにより、ステップ位置がノーマルより後ろ&上になった。
バックステップを取り付けたことで、常につま先立ちしなくてよくなり快適。
それに、リアタイヤからのインフォメーションが増えて、脱出速度を稼げるようになった(気がする)。

160903 M696 バックステップ シート ラジポン
オリジナルシート。
地味だけど、バックステップと一緒にやらなきゃ意味ないと思っていた。

これまでより後ろの位置に腰かけていてもずれることがない。
ブレーキング途中でも、コーナーでも心配ナッシング。
心配せず操作できるって安心。
実は、ここが一番のポイントなのかもしれない。

前の方は形が絞られており、低速時に前に移動したときの自由度も増した。

160903 M696 バックステップ シート ラジポン
ついでに交換。フレームスライダー。新品。
一人ではとても作業は無理そうだった。助かった。

160903 M696 バックステップ シート ラジポン
フロントブレーキレバーのラジアルポンプマスターは素晴らしい。
コーナーリング中にタイヤにかかる荷重をコントロールしやすくなった(気がする)。

160903 M696 バックステップ シート ラジポン
ブレーキペダルがとても敏感になった。
でもロックするようなこともなく、慣れてきた(気がする)。
実は、このバイクのコントロールはリアブレーキが大事なような気がして、これまで慎重に操作してきたので、慣れるのに時間がかからなかった。
そしてフロントのラジポンと合わせて制動力があがった(気がする)。

160903 M696 バックステップ シート ラジポン
シフトペダルのほうが慣れるのに時間がかかりそうだ。
これまで曲がったペダルを使っていて、踏んだり上げたり部分が結果として短かったので、それに慣れてしまったため。


160903 M696 バックステップ シート ラジポン
リアショックの調整を考えている。
最初はオーリンズあたりへのリプレイスを考えていたのだけれど、ドッグハウスさんのアドバイスもあって、別のものへの交換を考えるまえに、今のものの調整でどこまでできるか試してみたくなった。

ただ、リアショックのストローク幅って2cm程度しかない。

160903 M696 バックステップ シート ラジポン
減衰力を「Hard」側から「soft」側へ、これまでの8クリックから10クリックにてしてみた。
どんなものだろう?
もっと弱めてみてもいいかもしれない。

160903 M696 バックステップ シート ラジポン
プリロード調整は、実はちゃんとやってない。
なぜなら一人ではできないからだ。
ちゃんとやりたいと思う。

160903 M696 バックステップ シート ラジポン
ためしに、私が乗ったときのショックの沈み具合を観察してみた。
半分ほど。
う~ん、もうちょい沈む側のストロークを残した方がいいのかもしれない。
とにかくサグがわからないことにはどうしようもないな。


【総評】
全体として、自然とコーナーリングスピードが増した(気がする)。
満を持して改造に踏み切ってよかった。
カタチだけじゃなくて、自分が何を求めているのか、何をしたらいいのか、わかってからやることが大事なんだと思う。
自己満足であったとしても、結果は自分の中にしっかりと出てて、これはクセになっちゃうかもしれない。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2