例のアレ、食べ比べてみた

昔、食品化学の専門家が言っていたことが忘れられません。
「ロングセラーには、化学の黄金比が秘められている」

160908クラッカー
そこでです。
大人の事情でブランドが変わった、例の愛しのリッツクラッカーを食べ比べしてみました。

160908クラッカー
リッツ→ルヴァン
いってみましょう。

160908クラッカー
小袋はこんな感じ。

160908クラッカー
味はほとんど変わりません。
気にならないくらい。

強いてあげるなら、甘さがちょっぴり抑えらた?油っ気が少し抜けたかな?
大き感じたのは食感でした。ルヴァンは「プレミアム」に若干近い生地になっています。

まあ慣れればこんなものかな、と思うんじゃないかという差ですけれど。

160908クラッカー
材料もほとんど同じ。

160908クラッカー
オレオ→抹茶サンド
さすがにココア味のビスケットにはできなかったのでしょうか?

160908クラッカー
これはいろいろと違いますね。
抹茶サンドの生地には、オレオのホロホロ感がありません。もっとパリッとした感じの生地でした。
だけど、この抹茶サンドおいしいな。いや、ほんとに。

でもな~、オレオみたいにコーヒーに合うかな~。ミルクには合うと思うのだけれど。

しかしですね、中国製のオレオとか、インドネシア製のリッツよりも、ヤマザキナビスコ改めヤマザキビスケットのこれらを買いたいと思います。
やっぱり安全を考えてしまうと・・・。
ほんと、商品だけではなくてヤマザキナビスコという会社が好きだったんだな、って、今になってわかりました。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2