恋の成分補給を望む

新海誠監督の「君の名は」を観てきました。
面白かったです。良い意味で普通に。
ロマンチックで、ハラハラドキドキもできて、エンターテインメントとして十分に楽しめます。


<注意! 以下ネタバレあります>

でも、それは不幸な事故でした。
私は、地理学を専攻したので、ヒロインの住む町にある真円に近い形の湖が若いクレーター湖(隕石湖)だって一目でわかってしまったのです。(周囲の感じからしてカルデラ湖ではなかったのと、崖が湖に切り立ってたりして侵食が進んでいない印象)
彗星はすでにモチーフとして出てきてたので、まあ、ここに落ちるんだろうな、と。
ヒロインの父が村長さんで、隕石落下から町を救うのがヒーローとヒロインの役目なんだな、と。
並行世界的なのは前の作品でも出てたから、なんとなく、実はもう隕石は落ちてて、ヒロインの住んでいるところは並行世界なのかもしれない、と。

知識が邪魔をしました。嗚呼!(悲)

それがなければもう少しのめり込めたかもしれないなあ。

新海監督、がんばりすぎたかもしれない。
時間軸の前後が入り乱れすぎてる気がします。ヒロインが大人になってるシーンは冒頭になくてもいいんじゃなかろうか。
あと、音楽がどの曲もよかったのだけれど、「劇中曲」になってなくて、ラーメン頼んだら、チャーシューだけ豪華だったみたいな違和感。MVみたいになってたはどうかな、と思います。

なにより運命を乗り越えて再び出会った二人の恋はこれからはじまる、というところで物語が終わってしまい、胸きゅん成分が足りなかった・・・
タイトルからして恋愛物語かと思っていた。いや、そうなんですけどね。
私にもっと恋の香りを嗅がせてくれよ。
全然足りてないんだよ!(私が)

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2