iPhone6のカメラとコンデジを比べてみました

デジタルカメラで撮ったのに、iPhoneで撮った方が良い絵に思えるなぁ、ってことありませんか?
そこで、iPhone6(2014)のカメラとコンパクトデジタルカメラ、Panaosonic LUMIX LX2(2006)を比べてみました。

160926iPhoneのカメラがどれだけすごいか試してみた
iPhoneの方が色がビビッドです。
そしてシャープネスもくっきり。
コントラストも強く出ていると思います。

好みの問題ですが、一般的にはiPhoneの方がよいという人の方が多いと思います。
かなり演出が効いていると思います。

160926iPhoneのカメラがどれだけすごいか試してみた
空を比べてみると、iPhoneのダイナミックレンジが段違いで広いことがわかります。

そして、被写体の水平なのですが、LX2の方が傾いています。
これは、私のクセで、センターの被写体を画面に対し垂直に立てたためだと思います。
この場合写真中央近くにある駐車場のポールを基準にしました。
実際のこのポールはiPhoneのように傾いていたのでしょう。iPhoneの写真の方が自然です。
iPhoneはおそらく、傾きセンサーによる情報で水平に自動でトリミングしていると思われます。

iPhoneは、おそらく人工知能かエキスパートシステムっぽいのを取り入れて、誰がとっても見栄えがいいように演出・加工しているのだと思います。

最近新品同然のLX2を手に入れて「しばらくこれでいいや」と喜んでいた私ですが、LX2が2006年のカメラといえど、限界をまざまざと感じました。
最近のコンデジは知らないのだけれど、もはや一眼レフしか、iPhoneを超えるカメラはなさそうです。

今持っているマイクロフォーサーズもいいのだけれど、ボディを買いなおすならキヤノンかニコンに買いなおすかなぁ。やっぱり。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2