地獄でなぜ悪い

先日、あるサービスを利用したときに、担当の女性から感涙されてしまったという話を書きました。
「恋愛フラグが立ったのでは?」というご意見をいただきましたが、経験上それはないと思います。
というのは、この女性は、おそらく私を「仲間」としてみています。
「男性なのにこの人はすごく分かってくれる」みたいな。
実は、そういうこと、私とても多いのです。

心理学的には、男性は人間関係を上下で、女性は横つながり(共感)で捉えるそうです。
私は根本的に女性的な心理で人間関係を見るのだろうと推察しています。
なので、女性からは「仲間」と認識されることが多いのだろうと考えています。
実際、私は子どもの頃から女友達といる方が気が楽でしたし、今もそうだったりします。
若いころは女友達ばかりでした。一緒に旅行したり(男除けにちょうどよかった)、お風呂も一緒に入りました。ええ、恋人じゃなくて。そういう関係もあるってことです。

以前、病院で病気について調べていたら「どこかおかしい」ということになり、ホルモン分泌について血液検査をしたことがあります。
それで分かったのですが、女性ホルモン分泌量が男性の上限を超えていました。
そうそう、その時それ以上の問題が見つかって、それはほっとかれたんだった。
私の身体はいろいろと欠陥品です。

ホルモン分泌は脳の働きや精神活動に影響を与えています。
なので、意識がそういうことになっているのだと思います。
へんなところでそういうのが顕在化するわけです。書いた字とか、創作物とか。
まあ、子供のころからそうでした。

おかげで、よほどトレーニングしないとアウターマッスルがつきません。運動しても腕は細いまま、腰はくびれ、女顔だともいわれたことがあります。生物学的にはちゃんと男性ですから体毛は濃いですけど。

一方で、男性の付き合いは、みんなそうであるわけではないですが、毛嫌いされることがあります。違和感をいじめるのが男性の本能なので、昔からいじめられて生きてきました。
それと、やたらと「お前は俺の下の存在だ」と暗に威嚇的行動を示してくる人がいて疲れます。
こちらもあなたが上でいいですよ、って示しているのに、しつこく威嚇してきます。あれはなんなんでしょうね。なにかのコンプレックスなのでしょうが、苦手です。


実はずっと拭いきれない孤独感をどこかに感じています。
女性とは仲良くなれても恋愛対象にはしてもらえません。
女友達たちとは結婚や相手の恋愛を境に縁が遠くならざるを得ず、そして年を追うごとに新しい友達はいなくなります。

自分が生きやすい場所がこの世のどこかあればよいと、ときどき思ったりします。
でも、そんなところはどこにもありません。
この世は楽しい地獄です。


星野 源「地獄でなぜ悪い」 (CD宣伝版)

「無駄だ ここは元から楽しい地獄だ
生まれ落ちた時から 出口はないんだ
(中略)
嘘で何が悪いか 目の前を染めて広がる
ただ地獄を進むものが 悲しい記憶に勝つ」

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2