愛さずにはいられない

人間って擬人化(擬人感)するのが得意みたいです。
いや、先日の私がバイクを大事にしすぎる心理について調べてみたのですけれど。
つまり、バイクを擬人化、魂でも宿っているようなイメージをすることで愛している、とまあそんな感じらしいです。

私ってばやっぱり変態なのか…と落ち込む気がしないわけでもないですが、実は誰もが持っている心の機能のようです。

わかりやすいところで人形やぬいぐるみ。
それにペット。
動物ですよね。
ただの猫や犬から、「ただの」が外れてその人にとっての特別な存在になるには、なんらかの擬人化が心の中で働いているのでないかと考えられます。

人間って、そうやってなにかを愛すること抜きには生きていけない動物らしいです。

それは社会を維持するための共感能力から来ていると思われるのですが、なぜその能力を、無駄なほうに使うのか、といいますと、人間相手だと思い通りにいかないからだと思います。

人間は愛するものを思い通りにしたいのです。
でも、人間相手だとそうはいかない。
特に今は様々な欲望が高度に充実されるだけあって、相手への欲求か高くなっていると考えられます。
そんなの無理な話で、期待するようにはならない。

だから、初めから期待する方向が違うものを愛することにしたのでしょうね。

いいかげん、私はバイク以外のモノを愛したいですね。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2