悩みに悩んで

昨日は仕事の悩みで、考えに考えてある結論に達したのですが、もうなんていうか、「そんなこと人に言えるわけないじゃん」というものになり、「ああ!もう!」という気分で、床をのたうち回った挙句、そのまま寝てしまいました。

今朝は早く起きて家事をして、自転車で家を飛び出しました。
なんでバイクじゃないのかって?
いま、ハマっている海野つなみさんの「逃げるは恥だが役に立つ」の言葉を借りるなら、「もやもやのハイパーインフレ」が心に吹き荒れているときにバイクに乗ると事故るからです。

それに心を無にしたいなら自転車の方がいいです。
走ってしまいましたね。おそらく時間換算で考えて往復で50km以上・・・
ええ、通勤用自転車で。かっこいい自転車なんて持ってないもの。
明日は筋肉痛です。ええ、でもそれでよいのです。

ああ、こういうとき、こんな話ができる人が身近にいればなあ、といつも思います。
こうやって、日記でぼやかした話しか、私にはできません。


さて、話はすごく変わるんですけれど、「逃げるは恥だが役に立つ」、すごくハマっています。
最近こんなドキドキした恋愛マンガあっただろうか(ドラマ版は追っかけてみてます)。
主人公の二人のどちらにも、自分に当てはまる部分がある気がして、感情移入しやすいです。

161120悩み
「もしも みくりさんに振られたら 俺はまた あの壁(注:心の壁)の内側に戻るような気がする
そしてもう二度と出てこないかもしれない
でも
いつでもそこに戻れるんだとしたら 今は 壁の外の世界を味わい尽くしてやろうと思うんだ
気が遠くなるような幸福感や 体の芯まで冷たくなるような痛みを」



ずっと心が傷つくことを恐れて、恋愛を避けてきた主人公が、契約結婚したヒロインと恋に落ち、変わっていく自分を認識して、彼女と生きていく決意を心の中で語った言葉がすごくよくて。
ああ、あんなに外に出ることを恐れていた人がここまで変わったんだなぁ、と。

人との深い接触を避けるのは賢い選択ではあるのです。
誰だって傷つくのは嫌ですから。
でも、傷つく覚悟をした人間だけが、それが愚かな選択だったとしても、本当に生きる価値を得られるんじゃないかって、最近になってやっと、そんなふうに思えるのです。

私の思想は、人間否定にとらえられがちで、最近も職場で「なんてことをいうんだ」と窘められましたが、決してそうじゃないんです。
ただ、人間の良いところって、実はくだらないと見えることや、間違っているところや、愚かなところにあるんじゃないかって、そう思うのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

逃げるは恥だが役に立つ 1-8巻セット [ 海野つなみ ]
価格:3706円(税込、送料無料) (2016/11/20時点)


テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なお

Author:なお
いいトシしてバイクの免許を取得。
相棒はDUCATI MONSTER696とHONDA solo。
バイク以外の趣味はお菓子作り。
MtXです。

Twitter on FC2
カテゴリ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
広告1
広告2